1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 新生児・小児看護
  5. アロマ・ハーブ
  6. 第21回 花粉対策に役立つハーブ&アロマ(2)実践編

【連載】ナースの体調管理に役立つ! ハーブ&アロマケア

第21回 花粉対策に役立つハーブ&アロマ(2)実践編

  • 公開日: 2013/9/25
  • 更新日: 2020/3/26

 

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を単離・合成したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。
医療の現場では、補完・代替療法として在宅医療、介護に。また病棟でも緩和ケアの場面などで活用されてきています。
本連載では、メンタル面も肉体的にもハードな仕事をもつナースのみなさんの体調管理に、また心身の不調に合ったハーブ・アロマのセルフケアの活用法についてご紹介します。


今回は、第20回「花粉対策に役立つハーブ&アロマ概要編」でご紹介したハーブとアロマの活用法です。花粉症のセルフケアに試してみてくださいね。

花粉症におすすめのハーブケア

ハーブティーのブレンド

ハーブティーのレシピを3種類ご紹介します。熱湯200ml(1杯分)に対しての小さじ量を表記します(味が濃く感じる場合は、ドライハーブの量をお好みに調整してください)。淹れ方は、第7回「ハーブティーの淹れ方」をご覧ください。

エルダーフラワー:1、ネトル:1のハーブの粉末とブレンドハーブティーの写真

1)エルダーフラワー:1、ネトル:1
2)ダンディライオン:1、ネトル:1、ローズヒップ:0.5
3)エルダーフラワー:1、ペパーミント:1

水出しハーブドリンク(冷浸剤)

冷やして飲むとおいしい、ドライハーブの水出しドリンクをつくってみましょう。

ネトルの水出しハーブドリンクの写真

【ネトルの水出しハーブドリンクのつくり方】
1)ジャーなどの容器にネトルをスプーン3杯入れ、静かに水200㏄を注ぎながらスプーンでよく混ぜます。
2)容器のふたをして、常温で6時間以上置きます。
3)6時間後、茶こしでこして再び容器に戻します。
4)冷蔵庫で冷やして飲みましょう(24時間以内に)。
5)少し多めにつくっておくと便利です。



>>次のページで、「花粉症におすすめのアロマケア」をご紹介します。

アロマ・ハーブの新着

第2回 統合医療における植物療法とその意義

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 ...

2014/1/4

第1回 ナースの体調管理に役立つ! ハーブ&アロマケア―医療と植物療法の歴史―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の現...

2014/1/4

第4回 ハーブとアロマの基本―五感から人体へ働くフィトケミカル(植物化学)―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の...

2014/1/4

第3回 ハーブとアロマの基本―フィトケミカル成分の人体への働き―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を精製したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 医療の...

2014/1/4

第5回 ハーブとアロマの基本―安全に効果的に活用するために―

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を単離・合成したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。 ...

2014/1/4