1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第19回 『もうほっといて下さい!』―利用者様の発言の真意を察する

【連載】泣いて笑って訪問看護

第19回 『もうほっといて下さい!』―利用者様の発言の真意を察する

  • 公開日: 2014/1/4
  • 更新日: 2020/3/26

 

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


拒絶的な態度の利用者様

その利用者様とはかれこれ4年のお付き合いとなる。 ご主人には先立たれ、息子さんとの二人暮らし。 リウマチと人工肛門の管理でフォロー中。 昔はなんとか這うようにしてトイレまでも行けていたものの、徐々に動けなくなり、現在はベッド上で完全なる寝たきりに。

その方は、大体訪問に行くと不機嫌で怒っていることが多い。

「こんにちは〜。お身体の調子はいかがですか?」と声をかけてもあえて視線をそらし、無視されることもしばしば。バイタル測定をしようとしても「結構です!ほっといて下さい!」と拒否されることさえある。

そんな時は、「わかりました。じゃあ、他の準備だけしておきますね。」と伝え、黙々と他のケアの準備を始める。 あまりに拒否が強く、触らせて下さらない時は帰るしかなくなるが、やはり、人工肛門のパウチ交換はやらない訳には行かず、それはご本人様も分かっているためか、黙ってやらせて下さることが多い。 そして、黙々とケアを続けていく内に、ポツリ、ポツリと怒りの理由を話し始めて下さるのだ。

リウマチで手が思うように動かず、パウチから便を出したくても上手く出しきれず、手や布団を汚してしまう。 その手を洗うことさえできない悔しさ。 かといって定期的に便とガスを出さないとパウチがパンクして漏れてしまう恐怖。 喉が渇いていても、中々思うように蓋を開けられず、簡単には飲めない。 頑張ってやっと飲めたと思ったら今度は蓋がベッドの下に落ちてしまい、閉めるに閉めれず、困っていることも―。

オムツが濡れて気持ち悪いが、頻回に交換を頼むのも気がひけるからあまり尿が出ないように水分はとらないようにされていたり。 見えない所での悔しい想いは山程あると思われる。

※続いては、「病状が影を落とす家族との関係」についてです。
<!–readmore–>

病状が影を落とす家族との関係

そんな悔しい想いは介護されている息子さんとの喧嘩につながる。

息子さんも、お母様のために、問題が生じる度にいろんな工夫をしてくださっている。蓋が落ちるならストロータイプにしたり、夜間の便とガス抜きを手伝ったり、ベッドサイドに手をふけるタオルを用意したり・・・。 しかし、それでもやはりもっともっと細かい部分でいろんな不具合は生じているのだと思う。 迷惑をかけたくない。でも、かけざるを得ない。

悪いとは思っているが、口論になるとそんな気持ちとは裏腹に、口をついて出てくるのは「もういい!ほっといて!」という投げやりな言葉。 一般的にワガママに見えたり、訴えの多い方は、自分で自分のことをやりたくても、身体が動かないためにできない方がとても多い。
「身体はベッドの中心にしてくれましたか?」
「洋服のシワは伸ばしてくれましたか?」
「パットは本当によれていませんか?」
「リモコンはそこに置いて下さい。もう少し右。タオルは左」
ケアの一つ一つに注意が入ると「そんな些細なことまで指定してくるの?!」と感じることも正直あるが、そんな細かいことまで言わないと伝わらないのが事実。

事細かにケア内容を指定される方も大変ではあるが、実は、言う方がもっともっと大変なのではないだろうか。 そんな細かいことまで頼まないと、思う様に生活できない自分に苛立ち、相手にも気を使い、結果としてそこまでしても、自分の思うようにはことが進まない悔しさ。この辛さは当事者ではないと計り知れないであろう。

そのため、そういう方の場合、慣れるまでの間はとても大変で、お互いにストレスが溜まりやすい。しかし、逆に、流れを掴み、言われなくても動けるようになってくると、関係性が急に良くなることも多い。まあ、それは誰においてもそうなのかもしれないが・・・。 「もうほっといて下さい!!」 その真意は、 「お願い!助けて下さい!!」 なのかもしれない。

拒否をされても、そのまま受け止めるだけではなく、その裏にある本当の気持ちを察することのできる看護師になりたい・・・。そう思っている。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29