アンケート

仕事で使える小技

点滴で使うのは「サーフロー」「翼状針」どっち?

2019/5/23

点滴って難しい!


抗生剤だけの点滴の場合、ナースのみなさんはサーフローと翼状針(静脈注射)、どちらを多く使っていますか?特に新人時代は点滴が苦手であったり、どちらを使用するのが適切かわからないこともありますよね。両方使われる方も、「どちらかといえば・・・」で教えてください!

どちらも使う人が多い?

「抗生剤だけの点滴の場合、サーフローと翼状針どちらを使う??」とアンケートを取ったところ、以下のような結果になりました。

集計期間:2015-12-07~12-12
有効票:1,353票

surf

答えは半分に分かれましたが、サーフローの方が少し多かったようです。 それでは、みなさんのコメントを見てみましょう。

 

サーフローを使います。

勤務先の環境を考えると、サーフロー

外来勤務です。抗生剤初回投与の場合や点滴途中で医師の診察に入ることもあり、急変や血管外漏出を想定してサーフロ留置してます

認知症病棟なので、点滴中でも動いたり、ルートを引っ張ったりするので、サーフローを使います。

私の職場は老人ホームで、認知症が大半であり、翼状針では動いてしまい危険を伴います。ので、翼状針は採血の限られた場合のみ使用しています。

リスクも考えると、サーフロー

感染リスクがよほど高くなければサーフロ留置します。

 

翼状針を使います

コストを考えると、翼状針

短時間で終わるならコストの安い方を使います

赤字の病院なので、厳しいです。

一番多かった意見は、「時と場合によって変える」でした。では、サーフローを使うか翼状針を使うか、見分けるポイントとは・・・?

1 2

仕事で使える小技の新着

アンケートの新着

関連するキーワード

検索