1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第5回 『デイサービスがあったから……』―訪問看護師と一緒に頑張るリハビリ

【連載】泣いて笑って訪問看護

第5回 『デイサービスがあったから……』―訪問看護師と一緒に頑張るリハビリ

  • 公開日: 2014/1/6
  • 更新日: 2020/3/26

 

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


デイサービスに通いはじめたきっかけ

『僕はね、訪問看護に来てもらったときは寝たきりでね。全然動けなかったんですよ。』そう語る、今年92歳のHさん。

先日のデイサービスで「なんでそんなにいつもお元気そうでいられるんですか?お元気になられた秘訣は何ですか?」と、施設スタッフにインタビューされて改めて考えてみたとのこと……。

Hさんは今でこそ、デイサービスに通い、習字やカラオケもこなし、読書もされる。ベッドサイドでリハビリ体操も出来るまでになられたが、四年前は立つことさえ諦めていた状態であった。

それが、訪問看護が始まり、会話を楽しんでいる内に、「実は大きな車で訪問に来ているんですよ」と当時入っていたA看護師が話すと、どうしてもその車を自分の目で見てみたくなったそうだ。

窓から下を覗けば見えるなら、窓まで頑張って数歩だけ歩いてみようか。そんな小さなことがきっかけで、立ち上がる練習をA看護師と始めた。

訪問が終わる度、A看護師を窓から手を振って見送ることが出来るようになってくると、今度は「歌が好きなんだからデイサービスに行ってカラオケをやってみたら?」と、またA看護師に促されたそうだ。

ご存知の方も多いかも知れないが、デイサービスもいろんなタイプの施設がある。リハビリにメインをおいたマシーンが揃っているような施設、またはレクリエーションが充実している施設、または、日替わりで先生が来てくれて色んな習い事が出来るような施設。

何処に行きたいかは空き状況や送迎が来れる距離にもよるが、ある程度選べるのだ。

患者さんの好奇心に寄り添った訪問看護

『デイサービスなんて行きたくもないよ。つまんなそうだし』とボヤきながらも渋々行き出す。しかし、オススメのカラオケも、競争率が高いため、中々番が回って来ず、自分の納得いくほど唄えない。『やっぱりつまらない…』とA看護師にまた訴えたとか。

そうしたら、今度は「週に数回習字の先生が来ているみたいだから、それに行ってみたら?」と言われ、曜日を変えてとりあえず参加することに。

そうこうしている内に、段々デイサービスのスタッフや利用者様とも友好関係が築かれ、抵抗なく通えるようになったのだと。

定期的な人との関わりはエネルギーとなったようである。

活気も少しずつ戻り、リハビリも訪問看護師と頑張れるようになり、気がつけばデイサービス1番の長老の人気者のお爺ちゃんになっていたようだ。

『あの時、A看護師さんがデイサービスに行きなさい!って言ってくれなかったら、僕はこんな風にはなれなかったかもしれないよ。本当に皆さんのお陰なんです、有難う』Hさんはこぼれんばかりの笑顔で、私達に手を合わせ、頭を下げて下さった。

「いいえ、私達の方が、いつもHさんの笑顔に癒されているから来るのが楽しみなんですよ」 そう言って私達も手を合わせ、頭を下げる。

相手に何かを促す時、タイミングやそれぞれの想いがあると思う。

だが、やはり、動いてみてこそ結果はついてくる。

第二のスーパーHさんを生み出すべく、これからも私達は色んな方々に色んな関わりを提供して行けたらなと思っている。

A看護師に感謝。
デイサービスに感謝。
そして何よりHさんの笑顔に感謝。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29