1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. キャリアアップ
  5. 海外事情・海外で働く
  6. 第8回 「看護師に英語はいらない」もっともな理由

【連載】ナースに英語は必要かしら?

第8回 「看護師に英語はいらない」もっともな理由

  • 公開日: 2014/1/6
  • 更新日: 2020/3/26

 

国際化の時代、看護師にも英語は必要でしょうか? 移住者や観光客が増えているから、というのはもちろん、実はそれ以上に、看護師に英語が必要なワケがあるのです。看護師と英語の深ーい関係を、英語教育の現状に触れながら、解き明かしていきます。


看護職イメージの表と裏

これまでは、懸念される英語教育の落とし穴に触れながら、なぜ英語なのか、なぜ日本人に英語は必要なのかについてフォーカスを当ててきました。

ここからは看護師に焦点を当て、「なぜ看護師に英語は必要なのか?」、教育ビジネス、国の政策、時代の流れやニーズに注目しながら、この答えを導いていきます。

看護師といえば、「白衣の天使」に始まり、女性の就きたい職業では常に上位にランキングします。手に職があり、一生活躍できる職種という華やかなプラスのイメージがあるかもしれません。

一方で、一般的によくいわれる「きつい」「汚い」「危険」の3Kに、「規則が厳しい」「給料が安い」「休暇が取れない」「婚期が遅れる」「化粧のノリが悪い」「薬(精神安定剤など)に頼って生きている」の6Kが加わり、9K職種というマイナスのイメージも存在します。

事実、決して仕事は楽ではありません。特に、新人時代は休日も自分の時間がもてず、プライベートを犠牲にするケースを何度となく見てきました。

そんな中で、日ごろ必要性が感じられない英語に時間を割くなど、論外といったところかもしれません。
<!–readmore–>


英語に一歩踏み込まないワケ

ある程度自分の時間に余裕ができたとしても、なかなか英語に一歩踏み込めない看護師は少なくありません。その理由として挙がるのは、

  1. 「もう看護師として働いているのだから」
  2. 「この職業なら英語ができなくても食いっぱぐれる心配はない」
  3. 「今さら英語なんて無理」
  4. 「外国人の患者さんなんて、めったに来ない」

さらに、看護の分野で優秀な人材とは、医療現場で即戦力となる“経験”と“スキル”をもち合わせた看護師であり、学歴や語学力は単なる個人の付加価値にすぎないという考えが根付いているからでしょう。

しかし、この概念が塗り替えられるのはそう遠い未来の話ではないのです。

次回は、アメリカの看護教育の現状についてです。

この記事を読んでいる人におすすめ

海外事情・海外で働くの新着

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。 今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香...

2019/6/7

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。 ...

2019/3/8

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

最終回 モンゴルの旧正月

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。 ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。 旧正月の過ごし方 病院内でモン...

2019/2/15