1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第6回 『笑いの中に摘便あり』―訪問看護の利用者様から学ぶ排便完了サイン

【連載】泣いて笑って訪問看護

第6回 『笑いの中に摘便あり』―訪問看護の利用者様から学ぶ排便完了サイン

  • 公開日: 2014/1/6
  • 更新日: 2020/3/26

 

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


たかがお漏らし、されど・・・

『便失禁』という言葉を聞いた時、どう思われるだろうか?

別にたいしたことじゃない、すぐにオムツを替えればいいことではないかと思われる方もいるかも知れない。

しかし、頚髄損傷などで意識的に排便をコントロールできない方にとって、便失禁をしてしまうということは、外出への恐怖にさえ繋がる。

想像してみてほしい。 “自分の知らない内に外出先で便が出てしまったら・・・”

自分も恥ずかしい上に、相手にも迷惑をかける。 臭いも気になるため、すぐにでもその場を立ち去りたい。 そういう不安が押し寄せてくるのではないだろうか。

そういう意味でも、排便コントロールは神経麻痺の方にとって非常に重要なのである。

そのため、ほとんどの利用者様が、決められた曜日にどれだけしっかり便を出し切れるかということに、とても気を遣われている。

看護師と相談しながら食べる物を工夫したり、摘便の途中で水分補給をするタイミングを変えてみたりと、その方法はさまざまである。

そんな中、便の出切りのサインを自ら分析し、看護師とヘルパーと連携を組んで、確実に排便を終わらせるという方法を編み出された利用者様がいる。

20代での交通事故で頚髄不全麻痺となられた方であるが、その方は実に御自身の身体を勉強されているのである。

「今、どこを押したら便が出てきましたか?」

「便の性状は液体になってきました?」

「今どんな臭いがしてますか?」・・・

看護師とヘルパーの協力のもと、長年の経験からこの利用者様が編み出した出切りのサインは以下の4つだそうだ。

  1. 便汁が透明になること
  2. 便臭ではなく消化液の甘い臭いに変わってくること
  3. 肛門内壁の触った感じが片栗粉を混ぜたようなキシキシした感じになること
  4. 内肛門が閉まっていること

当然ながら、利用者様本人は手の感覚や動きが思うようにできないため、摘便中は医療者に身を委ねざる得ない。そのため自分では排便状況はわからない。

すべては、摘便を実際にしている看護師やお腹のマッサージをしているヘルパーに情報を貰いながら、司令塔のように分析し、判断されていくのである。これは本当に素晴らしい連携プレイと言えるだろう。

うちの社長も、その利用者様のケアに長年寄り添い、摘便に関わってきた 。そして今もなお、現役でケアを行なっている。

「出て参りました〜!!まあ〜沢山ですこと!!素晴らしい!!」

便が出てくると、社長は本当に嬉しそうに叫ぶため、いつも利用者様は笑ってしまうとのこと。 しかし、便がしっかり出ることがいかに素晴らしいことかを実感している社長だからこそ、叫んでしまうのではないだろうか。

「利用者様から学ばせていただくことは本当に多く、感謝の気持ちでいっぱいです。訪問の仕事ができる幸せ。もったいなくて休んでなんていられません!」と以前社長が話していた。やはり、社長は看護師になるべくしてなったのだなと感じている。

社長には追いつけないかもしれないが、私もいつまでも感謝の気持ちを持って、この仕事を続けていけたら幸せだなと思っている。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29