1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. キャリアアップ
  5. 海外事情・海外で働く
  6. 第12回 アメリカの病院『何が違う?病院の雰囲気』のはなし

【連載】アメリカの医療・看護レポート

第12回 アメリカの病院『何が違う?病院の雰囲気』のはなし

  • 公開日: 2014/1/8
  • 更新日: 2020/3/26

 

海外の医療に興味があっても、実際に海外を訪れ、医療現場に触れることは容易ではありません。そこで、カリフォルニア州サンディエゴ市最大のERを持つSan Diego Kaiser Permanente病院(ベッド数392床、ERベッド数100床、年間のER患者数約98,000人、手術件数25,000件という大規模病院)での自身の経験と調査をもとに、アメリカにおける最新の病院事情をまとめました。


アメリカの病院は明るくて楽しい!?

今回は、Short Story(こぼれ話)をご紹介します。

どこの国もそうですが、病院はとにかく忙しいところです。病院の廊下は、医療者や患者さんであふれ、病室は看護師をはじめ医療従事者がひっきりなしに訪れます。いくら人が多くてもディズニーランドのような明るく楽しい場所とは程遠いのが、病院というイメージではないでしょうか?

「明るい」と言えば、アメリカには“Don’t Worry, Be Happy”の代名詞とも言える人が大勢います。

医療従事者も、とにかく明るく、よく話します。こちらが心配してしまうほど、立ち止まって話しこみ、笑顔で去っていくのです。

病院実習中、底抜けに明るい人たちと大笑いする場面は多々あったのですが、中でも声を上げて笑ってしまったエピソードをここで紹介します。
<!–readmore–>

ある日常の一コマから

見た目はイケメンで紳士的な呼吸療法士さんのはなしです。

 

ある日、彼は患者さんに吸入器の説明をしにやって来ました。自己紹介をして吸入器を取り出すなり、突然、ラジオ体操とヒップホップをミックスしたようなダイナミックな動きで、吸入器の説明を始めたのです。これには、患者さん、家族、隣の患者さん、通りがかった看護師さんも驚きと爆笑の嵐に。彼は説明を終え、みんなから拍手喝采を浴び去って行きました。

実習先の病院も忙しく、明るく楽しい場所とは程遠い。しかし、一般的な日本の病院の概念を払拭する何かがありました。

日本の病院に比べて、アメリカの病院に“明るい”印象をもったのは、おおらかで陽気な笑顔・雰囲気、そして豊かなユーモアにあふれる医療従事者の人間性によるものなのかもしれません。

誠実で真面目な日本人も、たまにはアメリカ人のようなユーモアで患者さんを笑顔にできたらいいですよね。

次回は、「病室のはなし」です。

海外事情・海外で働くの新着

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。 今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香...

2019/6/7

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。 ...

2019/3/8

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

最終回 モンゴルの旧正月

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。 ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。 旧正月の過ごし方 病院内でモン...

2019/2/15