1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. まなび
  4. 看護師国家試験対策
  5. ズバリここが変わる!第111回 看護師国家試験

ズバリここが変わる!第111回 看護師国家試験

  • 公開日: 2022/1/13

このページでは、第111回看護師国家試験の全般にわたる出題傾向と変更点を「ズバリここが変わる」と予想して解説します!



■ 執筆・解説

廣町 佐智子<日本看護研究支援センター 所長>

看護系短大・大学での教員経験ののち、2002年より日本看護研究支援センターにて、臨床看護師の看護研究指導に従事。同時に、解剖学や看護師国家試験対策の非常勤講師として、全国の看護学生の指導も経験。国家試験のすべての領域についてのわかりやすい指導には定評がある。






こう変わる!出題傾向の変化を予測


 医療や社会保障制度全体が、「少子高齢化」に対応できるようなしくみの構築に追われています。これに伴い、看護師の活躍の場や役割が拡大し、それが看護師国家試験の問題に反映してきます。ここでは、今後出題内容がどう変化していくか、「健康支援と社会保障制度」を中心に予測してみます。



 少子高齢化で問題となるのが、医療保険の破綻です。実は、現在も破綻しかかっているのを必死で食い止めている状態です。そのため、医療保険制度については必ず細かく出題されます。医療保険の保険料は、被保険者の所得に応じて徴収されます。被保険者が医療サービスを利用すると、自己負担以外の医療費は医療保険が出してくれますが、その額が高齢化による罹病率の上昇によってどんどん高額になり、保険料だけではまかなえなくなっています。保険料で足りない分は公費(税金)を注入していますが、現在の傾向が進むなら、保険料を上げるか、自己負担を上げるか、税金を増やすかしなければ破綻します。


 世界に誇る我が国の日本の医療保険制度を維持していくためには、国民が(一次予防・二次予防・三次予防によって)生涯にわたって健康を維持し、元気に活躍し、医療費の高騰を防ぐことが重要です。また同時に、将来、我が国を支え、盛り上げていく次世代を増やし、育成することも重要な責務です。


 「高齢になっても健康を維持して生涯現役で活躍」「子どもをたくさん産んで育てる」は、我が国の医療を維持していく上での重要な課題で、これらに関する出題は年々増加しています。詳しくは、「ズバリここが出る出題予想問題;健康支援と社会保障制度」にも書きましたので、ごらんください。



 医療費を削減するために、国は在宅医療を推進していますが、在宅療養の担い手である医師の数が不足しているため、かわって看護師の役割を拡大しています。その一例として、いわゆる「特定看護師」があります。


 特定看護師とは、医療行為の一部を「特定行為(診療の補助)」と定義し、医師が不在の場であっても特定行為を手順書に基づいて行えるように、特定行為研修を受けた看護師のことです。特定看護師でなくても、医師不在のなかで看護師が患者の病状を的確にとらえる場面が多くなることから、「フィジカルアセスメント」については、出題数が増加すると考えられます。



 成人期は生産年齢にあたり、我が国を支えるために活躍するストレスフルな時期です。生活が不規則になり、生活習慣病に罹患しやすい時期でもあります。この時期に、生活習慣病を一次予防や二次予防で予防することが重要で、予防に関する問題が増える可能性があります。この他、死亡率の高い疾患(癌、心疾患、脳血管障害など)や重度の障害を残しやすい疾患についての出題は例年多くなっています。



 高齢になることでの自然な心身の老化については、これまでも出題されてきました。これまで、「心身が衰えること」は自然なことと捉えられてきましたが、高齢化率が高い我が国では、もっともっと元気でいなければなりません。老年期の疾病の予防(一次・二次・三次)についての問題や、介護保険を利用した居宅介護・施設介護については今後も出題数が増えるでしょう。



 小児看護学でも予防的な視点(一次・二次・三次)は重視されるでしょう。一次予防の場としての学校保健や予防接種の問題も増える可能性があります。


 医療の高度化によって、脆弱であっても生存できる子どもたちが増えています。先天奇形をもつ子どもたちが多いのですが、その背景に染色体異常や遺伝疾患があります。これらの知識もより重視されていくことでしょう。



 高齢になってから妊娠・出産を望む女性が多くなっていることから、不妊治療の問題や、出生前診断の問題も増えていくことでしょう。これまでの看護師国家試験では、正常な妊娠や分娩についての問題が主流でしたが、高齢妊婦の増加を背景に、妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症についても出題されていくことでしょう。


 妊娠から児の6歳までの母子保健をフォローする「母子保健法」の重要度も増すことから、出題数が増える可能性があります。



 精神疾患の多くがストレスをきっかけで発症することから、発達的ストレスや状況的ストレス、ストレスコーピングについての理論が出題されていくでしょう。また精神疾患は一次予防が重要なことから、産業保健分野でのストレスチェック(働く人たちのストレス状況を調査し、必要に応じて改善する)などについても出題が増えることでしょう。



 医療費削減の目的もあって、在宅療養が進められています。在宅療養を支える「地域包括支援システム」についての問題や、その一翼を担う訪問看護ステーションの役割については問題が増えると思われます。



 我が国は災害が多く、災害の度に亡くなる方や、心身に重度の障害を負う人が現れます。こうした不幸を最小限にするための災害対策のうち、災害対策基本法に基づくDMAT[災害派遣医療チーム]やDPAT[災害派遣精神医療チーム]の活躍、災害拠点病院のでの医療、避難所での看護師の役割については今後も重視されていくことでしょう。



 「人体の構造と機能」および「疾病の成り立ちと回復の促進」では、「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」で取り上げられやすい疾患に関係する内容が出題されるでしょう。現在の我が国の疾病構造を念頭にした対策が必要な分野です。


 

こう変わる!出題形式の変化を予測



 看護師が医師のいないところで判断する機会が増えることから、フィジカルアセスメントのほかに、各種の検査データや画像の読み取りについても求められ、出題数が増えると思われます。



 データを含んだ長文化が一般的になっています。3問連続の問題では、3問目で社会保障制度について答えさせる問題も多くなってきました。この傾向は今後も続くでしょう。



 五肢択一や五肢択二の問題は、全体の15~20%です。他のコメディカルの国家試験問題では当たり前の形式なので、看護師国試でも増えるのではないかという人がいます。しかし、他のコメディカルは看護師よりも医療の守備範囲が狭いため、五肢で難易度が上がっても対応できると思われます。看護師のような医療の守備範囲の広い職種は、これ以上、五肢問題を増やすと正答率の大幅な低下を招きかねないため、しばらくは現状が続くのではないかと個人的には推測しています。


 看護師国家試験の出題内容は、世の中の動きと連動しています。新しい傾向に眼を向けつつも、看護師として学ばなければならない基本をおろそかにしないで頑張ってほしいと思います。






イラスト提供:イラストAC



 

この記事を読んでいる人におすすめ

看護師国家試験対策の新着

ズバリここが出る「母性看護学」第111回看護師国家試験【予想解説】

この科目は、女性のライフサイクル各期の看護、妊娠・分娩・産褥期・早期新生児期の看護、周産期医療や母子保健施策について扱います。 div#contents {width: 100%;} @media screen and (min-width:76...

2022/1/24

ズバリここが出る「小児看護学」第111回看護師国家試験【予想解説】

この科目では、小児看護学の成長・発達についての基本的な理解をもとに、様々な健康状態にある小児とその家族の看護について扱います。 div#contents {width: 100%;} @media screen and (min-width:76...

2022/1/17

知っておきたい! 国試の新型コロナ感染症対策|第111回看護師国家試験

厚生労働省から第111回看護師・保健師・助産師国家試験の新型コロナウイルス感染症対策が発出されています。 そこで受験生の皆さんに今、知っておいてほしいポイントをまとめました。   受験できない方 感染防止の観点から、次の方は受験ができません。...

2022/1/13

ズバリここが出る「老年看護学」第111回看護師国家試験【予想解説】

この科目では、老年看護学の総論から、様々な健康状態に応じた高齢者と家族の看護、様々な生活の場での高齢者への看護について扱います。 div#contents {width: 100%;} @media screen and (min-width:7...

2022/1/10

ズバリここが出る「成人看護学」第111回看護師国家試験【予想解説】

この科目では、成人看護学の総論から各論(急性期 慢性期 リハビリテーション期 終末期)までを網羅します。また扱う疾病の内容が非常に多いのが特徴です。 div#contents {width: 100%;} @media screen and (m...

2022/1/3

アクセスランキング

1位

【連載マンガ】ナースの私じゃダメですか?【全話まとめ】

神崎美加(24)はNICUで働く看護師2年目(になったばかり!)。小さな命を守る仕事は、とてもハードだけどやりがいがある。仕事で精一杯で、恋愛する余裕がないのが悩みだったのだが、最近、研修医の天野...

278786
2位

金髪とタトゥーシール|【マンガ】忘れられない患者さん

私は小児科で働いていますが、小児科といえど入院患者さんの年齢は実は幅広く、診察をしながら成人を迎える患者さんもいます…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

150006877
3位

【連載マンガ】おじいちゃんは私の患者さん第1号【全話まと

「家族を守れるような職業につきたい」そう思って看護大学に進学した小川さくら。おじいちゃん子のさくらは、大学生になってもよく、おじいちゃんと一緒に出掛けていました。しかしある日… 第1...

279643
4位

今から何ができるか|【マンガ】ナースの私じゃダメですか?

天野先生のことが気になって仕事に集中できていなかった神崎。千春の言葉で猛反省し… これまでのストーリーは▶こちら   毎...

284192
5位

広い視野で|【マンガ】忘れられない患者さん

新人の頃、患者さんのオムツ交換の準備をしていると、主任に声を掛けられました。一緒に行ってくれることになり、少し緊張しながらオムツ交換を始めたのですが…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届け...

150006604
6位

国試で問われる計算問題をチェック!

【受験生必携!】看護師国家試験対策アプリ 過去11年分の看護師国家試験の問題から、頻出の計算問題をまとめて出題します。 解き方を覚えておけば、解答時間をぐっと節約できるのでよくでるパタ...

235684
7位

気分は、最高!|【マンガ】忘れられない患者さん

神経難病の患者さんの担当になったときの話です。呼吸器をつけているため、主に筆談で意思疎通をしていました。昼間はとても穏やかな方なのですが、夜勤からの申し送りでは…看護師から募集した、忘れられないエピソ...

150006876
8位

国試のお守り|【マンガ】おじいちゃんは私の患者さん第1号

それから年が明け、いよいよ国家試験が近づいてきた。 だんだんと不安になるさくら。しかし不安な気持ちを誰にも言えず… これまでのストーリーは▶こちら &...

279431
9位

抗がん剤治療の開始|【マンガ】おじいちゃんは私の患者さん

抗がん剤と放射線でのガン治療がスタート。 おじいちゃんはまったく弱音を吐かないけど、その姿は日に日に弱っているように見え… これまでのストーリーは▶こちら ...

279430
10位

コロナ禍で…ご夫婦患者さんのお看取り|【マンガ】忘れられ

入職3年目、わたしの部署はコロナ専門病棟になりました。その時入院してこられた高齢のご夫婦、コロナから回復されれば退院できる見込みでした...看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

150006552