1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. コラム
  4. 看護師はiDeCoか つみたてNISA、どちらがいい? FPが改めて詳しく紹介!

【連載】知っておきたい お金のはなし

看護師はiDeCoか つみたてNISA、どちらがいい? FPが改めて詳しく紹介!

  • 公開日: 2021/12/6

これまでも何度か取り上げてきたiDeCoとつみたてNISA。
「iDeCoかつみたてNISAを勧められるけど、実はまだよくわかっていない」
このような声をよく耳にします。
特にハードワークの看護師さんは「これ以上、仕事以外のことまで細かく調べる時間がない」という人も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで今回は、忙しい看護師さん向けにiDeCoとつみたてNISAについて、改めて解説します。
この記事を読めば、もう「よくわからない」と悩むことはありません。
「iDeCoもつみたてNISAも気になるけど、じっくり調べるのが面倒でそのままになっている」
という方は参考にしてください。




 

【比較表あり】忙しい看護師におすすめのiDeCoとつみたてNISAとは?

iDeCoとつみたてNISAは、一定の条件下であれば投資を非課税で行える節税制度です。

つまり投資商品そのものの名称ではなく、お得に投資できる制度の名称です。
各制度の特徴を以下の表にまとめました。


iDeCo
(個人型確定拠出年金)
つみたてNISA
(少額投資非課税制度)
老後資金を備えるための私的年金制度 制度の概要 長期の積み立て分散投資を支援する非課税制度
定期預金、保険、投資信託 制度内で運用できる商品 投資信託、ETF
20歳以上60歳未満
※2022年5月以降は加入年齢が65歳未満に延長される
対象年齢 20歳以上
※2022年4月以降は成年年齢引き下げにより加入年齢は18歳以上になる
原則、60歳まで
(希望すれば70歳まで延長可)
運用期間 20年
下限:月5000円
上限:現在加入している公的年金の種別によって異なる。14万4000円~81万6000円まで
運用金額 下限:証券会社によっては100円から積み立て可能
上限:年間40万円まで
・掛金は全額所得控除されるため、年間の所得税・住民税の負担を軽減できる
・運用で得た利益が非課税(通常は約20%の税金がかかる)
・年金を受取る際も一定の控除あり
税金面の優遇ポイント ・運用で得た利益が非課税
(通常は約20%の税金がかかる)

      1)2)を参考に作表


投資をする場合、iDeCoは投資信託、つみたてNISAなら投資信託かETF(上場投資信託)という商品を制度内で運用することになります。ただしETFは取扱商品数が少ないため、初心者の方には仕組みを理解しやすく選択肢も多い「投資信託」をおすすめします。

 

「そもそも投資信託って何?」投資信託とETF


投資信託とは、プロ(運用会社)に資産運用を任せる金融商品。

プロは投資家から集めた資金を元に株式や債券、不動産などの金融資産を使って運用し、運用で得た利益を投資家に還元します。この、プロに資金の運用をお任せする商品、つまり“投資の幕の内弁当“のような存在が投資信託とETFです。

ユニクロやソフトバンクなど、大企業の株式へ投資するには数十万円~数百万円の資金が必要です。しかし投資信託やETFといった幕の内弁当を利用すれば、個人でも間接的に大企業へ投資できるようになります。

投資信託であれば、日々の運用そのものはプロにお任せできます。
そのため「株式チャートをゆっくり見る時間なんてない」という看護師さんでも無理なく投資を始められるのではないでしょうか。

 

年齢や働き方でおすすめが異なるiDeCoとつみたてNISA

iDeCoとつみたてNISA、看護師さんに向いているのはどっちでしょう?
結論から言うと、各制度に向いているのは以下のような特性を持った看護師さんです。

・iDeCoが向いている:「独身で正職員」「40代~50代」「年収が高く500万円以上」という人
・つみたてNISAが向いている:「就職したて」「20代~30代」「扶養内で働いている」という人

ただし、iDeCoの場合は加入できる人が限定されているため、まずは加入資格を確認しておかなければなりません。iDeCoの加入資格から順に説明していきましょう。

 

まずは確認、iDeCoの加入資格


iDeCoは加入できる人が限定されています。
特に、以下にあてはまる人は加入が難しいでしょう。

・農業者年金の被保険者
・国民年金の保険料納付を免除(一部免除を含む)されている人
※障害基礎年金の受給者等、ただし対象外の人もいる
・勤務先の会社で「企業型確定拠出年金」制度が導入されており、規約によって個人型と企業型の同時加入が認められていない人
※2022年10月以降は制度改正により同時加入できるようになる
※詳しくはこちらの公式ページでご確認ください

特に多いのが、現在「企業型確定拠出年金(企業型DC、401kとも言われる)」に加入している人でしょう。
iDeCo公式サイトによると、企業型確定拠出年金の加入者は約750万人。看護師さんの中でも、勤務先の退職金は企業型確定拠出年金という人は多いのではないでしょうか。

現在企業型に加入している人は、規約で認められない限りiDeCoへの加入はできません。
ただし法改正により、2022年10月以降は企業型とiDeCoの併用ができるようになります。勤務先のものとは別に加入希望の方は、制度が変わるまで待つのも一つの方法です。

 

なぜiDeCoが向いているのか?

  

iDeCoが向いているのは、独身で長く正職員として働いている人や、40代~50代で比較的年収が高い看護師さんです。

なぜならiDeCoのメリットは「節税効果の大きさ」。デメリットは「60歳まで引き出せない」点にあるからです。つまりiDeCoは強制的に老後資金を貯めるには適していますが、資金の自由度は低い制度。だからこそ節税目的で投資したい人や、老後資金の準備を始めたい人に向いています。

勤続年数が長い正職員の看護師さんは高年収の方が多く、毎月給与から引かれている税金もそれなりにあるのではないでしょうか。iDeCoであれば運用に回した掛金の全額を所得控除できるため、毎月給与から引かれている所得税や住民税の負担を減らせます。また40代・50代で子育てが一段落した看護師さんは、老後資金に向けて準備する良いタイミングです。iDeCoであれば節税しながら強制的に老後資金を積み立てられるため、「そろそろ老後資金を本気で貯めたい」人に向いています。

 

なぜつみたてNISAが向いているのか?


つみたてNISAが向いているのは、まだライフプランが定まっていない20代・30代の看護師さんです。

なぜならつみたてNISAは「いつでも資金の引き出しができる」自由度が高い制度だから。iDeCoのように60歳までの引き出し制限がないため、資金に色を付けず自由な資産形成が可能です。つみたてNISAはiDeCoに比べると節税効果は限定的ですが、「節税よりもとにかく資産形成を始めたい」人には使いやすい制度ではないでしょうか。

・結婚や出産の予定が決まっておらず、今後のライフプランが定まっていない人
・配偶者の扶養内で働いているため、節税効果は期待していない人
・「老後資金」や「教育資金」といった大きな目標があるわけではなく、気軽に投資を始めてみたい人
このような看護師さんには、使い勝手のよいつみたてNISAをおすすめします。

 

iDeCoとつみたてNISAの始め方

向いている制度がわかったら、いよいよ各制度の口座を開設して投資を始めましょう。

各制度の口座開設にあたり必要なのは、「どの金融機関で始めるか」を決めることです。
ここでは、金融機関選びのポイントを以下にまとめました。

どの金融機関でも加入時手数料2829円、国民年金基金連合会と信託銀行に支払う手数料が毎月171円かかる。この他に金融機関によっては別途口座管理手数料が発生することがあるため、極力手数料がない金融機関を選ぼう。また、運用商品の豊富さもチェックポイントになる。

<つみたてNISA>

どの金融機関でも手数料は不要。そのため運用商品の豊富さとサイトの使いやすさで選ぼう。普段使っている銀行口座と連携しやすい、画面が見やすく使いやすい、ポイントが貯まる、少ない投資金額から始められるなど、自分にとって使いやすそうなポイントを見て比較しよう。

 

貯金や保険と投資のバランス、迷ったら相談を

iDeCoとつみたてNISAはそれぞれ制度の仕組みやメリット・デメリットが異なるため、利用する人の状況にあわせて適した制度を選ぶことが大切です。

看護師さんは年齢が上がるほど収入が増える傾向にあるため、収入に比例して増える税金を抑えたい人はiDeCoがおすすめです。特に40代・50代は老後資金の準備が気になる年代なので、強制力のあるiDeCoで老後の準備を始めてみるのもよいでしょう。

一方、まだ就職したてで将来のライフプランも定まっていない20代・30代だと、老後資金といわれてもぴんとこないかもしれません。「とりあえず何かしら積み立てを始めたい」という人も多いでしょう。そんな人には、途中で投資をストップできるつみたてNISAで気軽に投資を始めてみることをおすすめします。

iDeCoでもつみたてNISAでも、投資を始めるときに気になるのが貯金やライフプランとのバランスです。毎月の投資額はどうしようか、保険や貯金は別でいくら必要かなど、お金に関する疑問は専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)へ相談してみてください。

FPは人生に関わるお金全般の専門家です。iDeCoやつみたてNISAを使った資産形成、貯金や保険とのバランスもふまえて相談できるため、この機会にさまざまなお金の不安を相談してみてはいかがでしょうか。


 

 

出 典

1)iDeCoの出典:iDeCo公式サイトより「iDeCoの特徴」(国民年金基金連合会)
https://www.ideco-koushiki.jp/guide/(2021年11月30日閲覧)
2)つみたてNISAの出典:NISA特設ウェブサイトより「つみたてNISAの概要」(金融庁)
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html(2021年11月30日閲覧)

 

 

この記事を書いたのは

服部 椿
金融代理店での勤務経験と自身の投資経験を活かしたマネーコラムを多数執筆中。
子育て中のママFPでもあり、子育て世帯向けの資産形成、ライフプラン記事の執筆が得意。
保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士



記事監修:株式会社ファーストプレイス



イラスト:tetekun
Twitter:https://twitter.com/tete_ponyo



バナー素材:イラストAC



この記事を読んでいる人におすすめ

知っておきたいお金の話の新着

新人の看護師に保険は必要?最低限備えておきたい保険を解説!

「私まだ若いし、独身で養う家族もいない。まだ保険は必要ない気がしているけど、それでも入るべき?」 看護師はさまざまな病気やケガ、時には死と向き合うのが日常なのです。 保険についてぜひ入職する機会に考えましょう。     FPで...

2022/1/5

看護師に向いている投資は3つ!中でも不動産投資がおすすめの理由とは

「将来は日勤のみのゆとりある働き方をしたいけど、夜勤なしだと収入が減ってしまう。今からお金を貯めるためには、貯金に加えて投資もしたほうがいいの?」 ハードワークの日々に疲れ、将来のために資産形成を考える看護師さんは少なくありません。 しかしいざ投資を始めようとして...

2021/11/5

【看護師の貯金事情】100万円、1000万円貯めるためには?1~3年目はいくら貯まる?

20代から比較的収入が高い看護師は、貯金も多いと思われがちです。 しかし実際には人の健康や命に関わるハードな仕事であるため、多くの看護師がストレスを抱えています。 「夜勤明けはテンションが高く、ネットショッピングでつい散在してしまう」 「休日も勉強会で忙しいため、貯...

2021/10/5

結婚や出産、実際いくらかかる?看護師のライフイベント別平均費用

看護師は新卒から一定の収入があるため、20代の独身時には生活に余裕のある人が多いと思います。 ただ、今後結婚や出産をする際にはそれなりの支出がかかります。 余裕があるうちに貯蓄をしておかなければ、各ライフイベントを楽しみにくいのではないでしょうか。   ...

2021/9/6

看護師も老後2,000万円必要?独身の場合は?本当に老後必要な金額を考えよう

少し前に話題になった、老後2,000万円問題。 「本当に2,000万円も必要なの?」 「看護師で独身の場合は?」 と思った人もいるのではないでしょうか?   結論から言うと、看護師や独身の場合は2,000万円必要とは限りません。 ...

2021/8/5

コラムの新着

こんな看護師は採用したくない!そう思われる人の特徴と対策

看護師といえば、引く手あまたでいつでも転職できる職業だというイメージがあるかもしれません。実際に、看護師不足に悩んでいる施設は多く、中途採用試験もあちこちで行われています。ですが、施設側が求めているのは“入職後に長く活躍してくれる看護師”であり、そうでない場合にはいくら人手不足で...

2020/8/18

退職の流れをおさえておきたい!看護師が辞める時に必要な手続き

医療・看護の業界では、以前の知り合いに再会したり、同業者間での情報交換が役に立ったりすることがあります。そのため、周りに悪印象を与えないよう円満に退職するのが無難だといえます。また、退職する時に必要な手続きは様々です。この記事では、退職の流れとそれをスムーズに進めるためのポイント...

2020/8/13

看護師が転職する際の履歴書の中身にせまる~ポイントをおさえて内定ゲット~

私たち看護師が転職する際に必要とされる「履歴書」。一般的な転職活動と看護師の転職時の履歴書は、おさえるべきポイントが違う部分があります。今回は看護師が転職をする際に重点的におさえてほしい「志望動機」「自己PR」「趣味・特技」の3点を、文例とともにご紹介します。採用担当者はここを見...

2020/8/11

内定間違いなし!面接で最もよく聞かれる質問例と質問対応マニュアル

就職・転職の面接を受けるにあたり、面接対策で悩む方は多いのではないでしょうか。どんなことを準備すればいい?何を聞かれる?今回は、落ち着いて面接に挑むための事前準備と、よく聞かれる質問2点を紹介したいと思います。面接でどんな質問にも対応するには?面接で聞かれる内容は多岐にわたります...

2020/7/28

現役ナースが見てきた「訪問看護」の現場~訪問看護師の役割とは?

近年、在宅医療を支える訪問看護が注目され、訪問看護ステーションも増えてきました。訪問看護師の役割や仕事内容とはどのようなものでしょうか?今回は、訪問看護師としての勤務経験をもとに解説します。訪問看護のサービスとは?日本訪問看護財団によると訪問看護とは、看護師などが居宅を訪問して主...

2020/7/28

アクセスランキング

1位

【連載マンガ】ナースの私じゃダメですか?【全話まとめ】

神崎美加(24)はNICUで働く看護師2年目(になったばかり!)。小さな命を守る仕事は、とてもハードだけどやりがいがある。仕事で精一杯で、恋愛する余裕がないのが悩みだったのだが、最近、研修医の天野...

278786
2位

金髪とタトゥーシール|【マンガ】忘れられない患者さん

私は小児科で働いていますが、小児科といえど入院患者さんの年齢は実は幅広く、診察をしながら成人を迎える患者さんもいます…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

150006877
3位

【連載マンガ】おじいちゃんは私の患者さん第1号【全話まと

「家族を守れるような職業につきたい」そう思って看護大学に進学した小川さくら。おじいちゃん子のさくらは、大学生になってもよく、おじいちゃんと一緒に出掛けていました。しかしある日… 第1...

279643
4位

今から何ができるか|【マンガ】ナースの私じゃダメですか?

天野先生のことが気になって仕事に集中できていなかった神崎。千春の言葉で猛反省し… これまでのストーリーは▶こちら   毎...

284192
5位

広い視野で|【マンガ】忘れられない患者さん

新人の頃、患者さんのオムツ交換の準備をしていると、主任に声を掛けられました。一緒に行ってくれることになり、少し緊張しながらオムツ交換を始めたのですが…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届け...

150006604
6位

国試で問われる計算問題をチェック!

【受験生必携!】看護師国家試験対策アプリ 過去11年分の看護師国家試験の問題から、頻出の計算問題をまとめて出題します。 解き方を覚えておけば、解答時間をぐっと節約できるのでよくでるパタ...

235684
7位

気分は、最高!|【マンガ】忘れられない患者さん

神経難病の患者さんの担当になったときの話です。呼吸器をつけているため、主に筆談で意思疎通をしていました。昼間はとても穏やかな方なのですが、夜勤からの申し送りでは…看護師から募集した、忘れられないエピソ...

150006876
8位

国試のお守り|【マンガ】おじいちゃんは私の患者さん第1号

それから年が明け、いよいよ国家試験が近づいてきた。 だんだんと不安になるさくら。しかし不安な気持ちを誰にも言えず… これまでのストーリーは▶こちら &...

279431
9位

抗がん剤治療の開始|【マンガ】おじいちゃんは私の患者さん

抗がん剤と放射線でのガン治療がスタート。 おじいちゃんはまったく弱音を吐かないけど、その姿は日に日に弱っているように見え… これまでのストーリーは▶こちら ...

279430
10位

コロナ禍で…ご夫婦患者さんのお看取り|【マンガ】忘れられ

入職3年目、わたしの部署はコロナ専門病棟になりました。その時入院してこられた高齢のご夫婦、コロナから回復されれば退院できる見込みでした...看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

150006552