1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第50回 ステーション運営にみる驚きの事実!

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第50回 ステーション運営にみる驚きの事実!

  • 公開日: 2017/6/29
  • 更新日: 2020/3/26

 

今年6月、代表・川添はオランダで躍進する訪問看護ステーション「Buurtzorg」を視察した。「日本の在宅看護の環境をよりよくするためのヒントがあるはずだ」――こう考える川添が見て驚いた、日本との違いについていくつかご紹介しよう。


自由な雰囲気の中、最先端のシステムを活用

今回見学させていただいたのは、アムステルダムのとあるステーション。オフィスは周辺に花屋や肉屋が軒を連ねる生活感あふれる建物の1階部分で、中はまるで一軒家のリビング・ダイニングのようだ。やってくるスタッフもタバコを吸っていたりと、いたって自由気ままな雰囲気を醸し出している。

「Buurtzorg」のステーションのスタッフは最大12名、ここでは10名が在籍している。彼らはすべて訪問看護師で、ケアプロ同様365日24時間対応のため、1日あたりの勤務人数は約半分だ。オフィスにやってくるスタッフは、各自がiPadを携えている。

ここにはスタッフ一人ひとりに関係ある情報が集約されている。そのiPadの「パーソナルブック」のページを開くと、今日のスケジュールや担当する利用者の申し送り事項、病院からの新規利用者に関するメールなどを確認できる。確認次第、自転車で颯爽と利用者宅へ向かうというわけだ。

ステーションに事務スタッフはいない!?

この見学で非常に興味をもったのが、「Buurtzorg」のITシステムだ。おそらく独自に開発したシステムだが、高度に発達している。ステーションを訪れて不思議に思ったのが、事務スタッフがいないことだった。

なんと、「Buurtzorg」本部にいるわずか30人足らずのバックオフィスが、全ステーションの介護料の請求や労働契約・給与等の業務管理、ヘルプデスク、品質管理などを一手に引き受けているのだ。ステーションの各スタッフは、毎日の利用者への訪問の時間や内容などの実績を入力するだけでよい。

ケアプロをはじめ、日本の訪問看護業務では事務仕事が大変多い。その部分がカットされていることは、経費削減の点でその効果は非常に大きい。

さらには、事務に費やす時間を、利用者へのより良いケアの提供と信頼関係の構築に費やすことができるのは、日本も見習うべきポイントだと思う。しかし、このシステムの開発、莫大な費用がかかっていることは間違いない……。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29