1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第42回 ネット検索、24時間訪問看護でヒット

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第42回 ネット検索、24時間訪問看護でヒット

  • 公開日: 2017/9/26
  • 更新日: 2020/3/26

 

ケアプロ在宅看護事業初の支店、足立区島根事業所を任された所長・落合実。開拓者のごとく、病院等へ営業をかけて地域に潜在する利用者様の掘り起こしに挑んでいる。そんな所長・落合の体験をご紹介しよう。


「自宅で死にたい」と言っていた父

今年3月に開設した足立区島根事業所は、どこの医療法人とも結びつきのない地域でのスタートだった。所長・落合は日々営業に走り回り、合間を縫ってお付き合いの始まった利用者様のお宅を訪問している。

ある日、中年女性から電話があった。胃がん末期の父は自宅で療養していたが急変したために入院となったという。

「父は今やせん妄状態で意識もはっきりしませんが、昔からつねづね『自宅で死にたい』と言ってました」と話し始めた。

父は母と二人暮らし。高齢の母に介護はできない。女性は3人娘の一人で、娘たちは「父を自宅へ帰したい、父の望みを叶えたい」と考えていた。

しかし、それぞれ都内で家庭や仕事を持ち、在宅療養を支えるマンパワーとしては不十分だ。そこで、自宅で看取るために訪問看護のプロに入ってもらい、父を連れて帰ろうというのだ。

なぜケアプロを選んだのかを尋ねると、「『24時間対応の訪問看護ステーション』でインターネット検索したら、ケアプロがヒットした」という。そこで落合が事情を詳しく聴き取るために、女性の両親が住む家を訪問したのである。

実費でもいい、訪問看護をお願いします!

在宅での看取りのためにケアプロにお任せいただけるならば、24時間365日駆け付けることができる、送迎もOK、困った時は電話相談も受けるとお伝えした。娘3人にとって願ったり叶ったりのことである。

ただし、自宅で看取るために一度退院させてしまうと、再び病院のベッドを確保することは難しい。女性は「実費でいいから、訪問看護をお願いしたい!」と言うほど、ケアプロ介入には乗り気だった。なんとか力になりたいと思ったものの、落合は、実費での訪問看護ではあまりに費用がかかりすぎると心配していた。

そこで落合は、ベッドを確保したまま「外泊」として家へ帰ることを提案した。医療保険を使い「外泊支援」として訪問看護を受けるサービスだ。入院費はかかるが、いざという時のための安心料と考えればよい。

「外泊支援サービスをご提案したことで、実現に向け一気に話が進みました。ケアプロが訪問看護を担い、娘さんたちは交代で1~2日休みをとって看護してみよう、ということになったのです」

こうして、「とりあえず、やってみよう!」と、娘たちは立ち上がったのである。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29