1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第38回 望みを叶えるために

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第38回 望みを叶えるために

  • 公開日: 2017/8/11
  • 更新日: 2020/3/26

 

ケアプロ訪問看護ステーション東京は、5月1日に開設1周年を迎えた。日本一若い訪問看護ステーション所長の岩本は、利用者様のあらゆる望みを叶えるために、日夜頭をひねり、体を張っている。そんな所長・岩本が経験した利用者様の看取りを2回に分けてご紹介する。


自宅で看取りたい!

昨年9月より訪問看護をスタートした83歳の男性Y様は、肺炎や尿路感染などで入退院を繰り返している。入院の度にADLが落ちて、今や寝たきりになってしまった。

奥様と息子さんと3人暮らしだが、息子さんは日中仕事で外出のため、介護は奥様に委ねられている。高齢でしかも脳血管障害による軽い麻痺の残る身だ。

しかし、経済的な問題もあり、介護のすべてをヘルパーに頼ることはできない。当然、訪問看護も週1回では不十分だが、増やすことは厳しい状況。奥様は、「頑張って介護したい」「この家で看取りたい」と考える一方で、「疲れたわ」と介護の疲労が見えていた。

限られた資源の中で工夫する

奥様の願いをうかがい、所長・岩本は「奥様が自宅で看取りたいというご希望を、精一杯支援させていただきます」と答えた。

在宅という医療資源の少ない環境で、しかも経済的にも厳しいなか、「悪化を防ぎQOLを維持するには、Y様の限られた資源と私たちケアプロが持っているカードを、どう工夫して活用すればよいかを考えることが私たちの役目」と所長・岩本は話している。

その実現には、同じ医療従事者の間でも価値観の違いから交渉が難航し、その難しさを痛感したという。

たとえば、地域のかかりつけ医からの往診ができるように、入院先の主治医に紹介状を書いていただくのに往診の必要性を説いたものの、「悪化したら入院すればいい」と一蹴されてしまった。

入院してしまえば、在宅での看取りが叶えられなくなる、と押し問答するが、結局は物別れになってしまったのだ。とはいえ、かかりつけ医からの往診ができるように手続きしてくださったことには、大変感謝している。

病院とかかりつけ医の連携がスムーズにいかないケースは少なくない。それでも、看護師の視点からのアドバイスは、在宅医療の実現に大きな力になることを実感したと、所長・岩本は言う。

岩本さんの写真

「利用者様の不安を理解し、包み隠さず話し合うことが大切」と岩本

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29