1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第37回 利用者様との触れ合いが成長の糧に

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第37回 利用者様との触れ合いが成長の糧に

  • 公開日: 2017/8/4
  • 更新日: 2020/3/26

 

今春、大学を卒業したばかりの22歳の訪問看護師が誕生した。先輩看護師のサポートを得ながら実践経験を積んでいるが、初めての単独訪問はいかに……。前回に引き続き、新卒訪問看護師小瀬の活躍をご紹介しよう。


僕だからこそできるケアとは

13時からの訪問看護だが、20分も前にA様宅に到着してしまった。朝8時から繰り返し繰り返し頭の中で「最悪の事態」を想定したケアのシミュレーションをしていたが、15分前になると、ふと別のことが頭に浮かんだ。

「そういえば、A様にとって、今日が自宅で過ごす最後の日じゃないか。訪問看護でアセスメントやケアに関しては、僕はベテランに勝てるはずがない。僕だからこそできることって、何だろう?」

A様は亡き夫と長年暮らしていたこの家から、引っ越しをして施設への入所が決まっている。「わずかな間だけど、この家に戻ってよかった」、そう思っていただけるように、会話をしてみようと、ドキドキしながらドアを開けた。

寂しげな顔

家の中に入ると、A様が難しい顔をして座っていた。

「どうしたんですか?」、声をかけてみたら、「あんたに話したってしょうがないだろう」とアマノジャクなA様が答えた。「そんなこと言わずに、教えてくださいよ。僕にできることがあるかもしれないし」と、小瀬は聴診しながら気さくに話しかけた。

するとA様はポロっと、「明日は施設に引越ししなきゃならない。区役所の人たちが来て、家財道具を片付けられちゃったの」と話し出したのである。

亡き夫と長年暮らしたこの家から離れるのは、どれほど寂しいことか。「施設ってどんな所なんでしょう。いい所だといいですね」と前向きな話をしたら、「希望者が多くて入れないらしいよ」とA様はちょっと自慢げになった。

最初で最後の訪問看護

必要な看護を終えて帰る小瀬に、A様は「若い人たちに会えなくなるのは寂しいね」「また来てね」と声をかけてくれたという。もう来ることはない。小瀬とA様の最初で最後の訪問看護を終えたのである。

単独訪問を終えた小瀬は、感想と反省をこう話している。

「リスクをたくさん考えてきたけれど、訪問間際のたった15分でまったく違うことを考えて実践してみました。お話をする中で、初めて利用者様と向き合えて、僕にとってはよい経験でしたが、A様にとっては中途半端だったんじゃないだろうか、もっときちんと考えてお話すればよかったと反省してます」

新卒訪問看護師小瀬の初の単独訪問。たくさんの利用者様とケアを通した触れ合いが、小瀬をどう成長させてくれるか。楽しみである。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29