1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. キャリアアップ
  5. 海外事情・海外で働く
  6. 最終回 臨床試験とナースの役割

【連載】アメリカで働く! オンコロジーナース

最終回 臨床試験とナースの役割

  • 公開日: 2018/4/20
  • 更新日: 2020/3/26

アメリカでは毎年複数のがん治療薬が開発され、臨床で使われ始めます。ナースはそれぞれの薬の作用・副作用を患者さんに投与する前に勉強するわけですが、今回は実際に市場に出るまでの臨床試験の仕組みと、それにかかわるナースの役割をお話します。


臨床試験の情報は患者さんか主治医から

臨床試験は主に大学付属病院や特定のクリニックを通して行われます。毎年数え切れないほどの臨床試験が行われますが、現在のところすべての臨床試験を一目で見るサイトはまだありません。

なので、臨床試験を希望する患者さんは、主治医から情報を得るか、患者さん自身でリサーチを行います。

その臨床試験が的確であるかは、主治医との相談、臨床試験にかかわっているナースまたはクリニカル・リサーチ・アソシエイトが病理・過去の治療の記録・現在の治療薬・合併症の有無などから検討します。

続いては、ナースの役割について紹介します。
<!–readmore–>

患者さんをサポートするリサーチナース

臨床試験にかかわるナースをリサーチナースといいます。日本でいうところの治験コーディネーターのような役割をします。

具体的には、リサーチナースは、規制や規定、それぞれの臨床試験のプロトコールを把握し、インフォームドコンセントを行い、患者さんの質問や疑問にいつでも答えられる準備をします。

大きな機関での臨床試験は一人のリサーチナースにつき一つか二つの試験が受け持たされますが、クリニックのリサーチナースの場合、複数の臨床試験を受け持たされるケースが多いようです。

さらに、リサーチナースは採血や、副作用のモニタリング、通院・投薬の日程の調整なども行い、ドクターやほかのナースへの臨床試験の内容についての教育も行います。

がん専門のリサーチナースになるには、抗がん剤投与を実際に行った経験や、ほかの臨床の経験が求められます。詳細かつ明確な知識を必要とされるリサーチナースは今後アメリカでも日本でも必要とされてくるのではないのでしょうか。

※「アメリカで働く! オンコロジーナース」は、今回で終了です。

この記事を読んでいる人におすすめ

海外事情・海外で働くの新着

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。 今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香...

2019/6/7

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。 ...

2019/3/8

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

最終回 モンゴルの旧正月

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。 ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。 旧正月の過ごし方 病院内でモン...

2019/2/15