1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第16回 病棟看護との違い

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第16回 病棟看護との違い

  • 公開日: 2018/3/30
  • 更新日: 2020/3/26

 

ケアプロ訪問看護ステーション、唯一の女性正社員・稲葉公子は、紆余曲折を経てケアプロに入社し、現在は訪問看護師に加えて、会社の人事採用も担っている。さまざまな挑戦を続ける彼女に、今回は訪問看護師として働く喜びや病院で働くこととの違いについて語ってもらった。


在宅医からは抜去のお許しが

訪問看護の現場では、看護師個人の力量が試される場面が多くあります。それはとても大きな重圧である一方、やりがいを感じられることもたくさんあります。

最近の話では、Aさん(仮名)は病院からバルーンを装着した状態で退院してきました。私はバルーンまでは必要ないのではないかと思っていたのですが、担当医は装着を続けるのがいいだろうという判断でした。 ところが、現状報告と今後の方針(AさんやAさん家族の希望)を共有したところ、在宅の担当医からは「バルーン抜去」のお許しがでました。その後、Aさんは問題なく穏やかな生活を続けることができています。

あったかいミルクティーの幸せ

ちなみに、Aさんは、ずっと外に出られる状態ではなかったのですが、バルーンを外してリハビリを開始したことで、近所への散歩程度の運動が可能になりました。散歩の途中、Aさんとベンチに座って、一緒に買ったあったかいミルクティーを飲みました。こんな何気ないことも少し前までのAさんからは、考えられないことです。

病院での看護では軽視されがちな、本人の希望にフォーカスして、専門職としてどうやって叶えるか、目的のために在宅医療スタッフをどうやってマネジメントするかが、訪問看護師としての腕の見せどころだと、若輩ながらも感じています。

その人らしさを実現するために

その他にも、重い障がいを抱えた利用者さまに、夜間の訪問看護を提供することで、その方が日中フルタイムで働くことが可能になった事例もあります。

病院勤務時代、同じ症状の患者さまを多く見てきましたが、「介助が必要だから仕事はできない」と、病院・家族・本人が決めつけてしまっている例がほとんどでした。障がいを持った方でも、環境次第では仕事もできる、それは当然のことなのですが、今の日本の現状では、そうなってはいません。

「介助が必要だから、仕事はできない」といった考えが根強いままでは、社会に潜在している多くの能力を見過ごしてしまうことにもなります。 訪問看護がもっと社会に浸透していけば、障がいを抱えていたとしても、社会で自分の能力を発揮しやすくなり、またそうでなければならないと感じています。

※次回も稲葉さんが経験した症例より、水曜配信です。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29