1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第15回 訪看ステーションの課題と目標

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第15回 訪看ステーションの課題と目標

  • 公開日: 2018/3/23
  • 更新日: 2020/3/26

 

ケアプロ訪問看護ステーション、唯一の女性正社員・稲葉公子は、紆余曲折を経てケアプロに入社し、現在は訪問看護師に加えて、会社の人事採用の職も担っている。さまざまなことに挑戦し続ける彼女に、今の訪問看護ステーションの課題と目標について話を聞いてみた。


次なる目標を掲げて

私は入社以来、ずっと予防医療事業部に在籍していましたが、今月から、在宅医療部に移籍しました。訪問看護には学生時代からずっと憧れていましたので、今はやっと自分の本望の場所に来たという感じがしています。

ケアプロ訪問看護ステーションは、昨年5月に開業し、力づくで立ち上げて、ひたすらに突っ走ってきたという状態です。今は訪問看護の質の確保と、教育プログラムを整えて、いかにケアプロ訪問看護を拡大していくか、それが新たな課題となっています。

なぜ増えない? 訪問看護の謎

訪問看護というのは、教育プログラムが作りにくいのです。 理由は、利用者さまのケースによって、ご自宅の環境や病状に個別性があること、歴史も浅いため、統計的なデータ分析や研究が進んでいないことが挙げられると思います。おそらく、経験がものをいう世界のためか、病棟での看護と比べて、文献数も格段に少ないと思います。

私は、昔から訪問看護に憧れを持っていました。本当は私のように、訪問看護に憧れを持っている看護師は多いはずです。また、今後は病院の病床数も減少し、確実に在宅への移行が予測されるため、訪問看護に従事する看護師は増えていかなければいけません。社会からのニーズも個人のニードも十分あるので、「だったらケアプロがやろう」ということになりました。

確かに、経験は10年選手と比べて劣りますが、気力・体力や、費やすことのできる時間の量、統計データ・経営データの分析力などでは勝負ができると感じています。 いや、勝負というより、先人が築き上げた文化をプログラムにしていく。要は温故知新です。

常識は壊すためにある!

訪問看護も病院のように、24時間対応が、あるべき姿だと思っています。しかし実際には、365日24時間対応の事業所は、本当にわずかです。

新宿区を例に取ってみてみても、365日24時間対応の訪問看護事業所はたったの2軒だけ。24時間対応するには、若い力が欠かせませんが、そこでも「経験の浅い看護師に訪問看護は無理だ」という認識が、24時間対応の広がりを邪魔しています。

その点、若い人材が豊富なケアプロには、24時間動ける人材がたくさんいます。あとは若い人が学びやすいプログラムと環境があれば、在宅医療や訪問看護を社会にとって、今よりもずっと身近なものにできるのではと思っています。

ケアプロのミッションである「革新的なヘルスケアサービスをプロデュースし、健康的な社会づくりに貢献する」常にこの言葉を胸に置きながら、私も医療・看護業界の革命児の一人でありたいと思っています。

※次回は、稲葉さんが感じる訪問看護と病棟看護に違いについて、月曜配信です。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29