1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

【連載】モンゴル活動記

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

  • 公開日: 2019/6/7
  • 更新日: 2020/3/26

 

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。

今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香奈さんが、現地からの活動レポートをお送りします。


1月のチンギスハン空港の様子

2012年1月某日。成田空港の出発が30分ほど遅れ、チンギスハン空港に着いたのは21時20分。そこから車に揺られて宿泊先に到着したのが22時30分。外はマイナス30度らしいけれど、覚悟していたよりも寒くはなくてホッとしました。それが私のモンゴル最初の晩でした。
<!–readmore–>

ユニセフ募金がきっかけで

私は現在、日本のボランティア派遣団体から国際協力ボランティアとしてモンゴルに派遣され、地方の病院で活動することになっています。

私が国際協力に興味を持ったのは小学生のときに参加した、ユニセフ募金がきっかけでした。100円あれば予防接種をして生命を守ることができることを知った私は、同じ子どもなのにと違和感を覚えていました。

毎年行っていた募金活動を通じて、子どもたちの命を守ることに携わりたい、いつか海外の子どもたちを助けたいと自然に思うようになっていき、そして選択肢の一つであった看護師となり、今、モンゴルに派遣されているというわけです。

日本から国際協力ボランティアを派遣している団体には、さまざまなものがあります。民間非営利組織(NPO)が主体となっているもの、非政府組織(NGO)であるもの、相手国からの要請に応えるODA(政府開発援助)に基づくものなどがあります。

支援内容も、開発途上国で環境保全や農業支援をしている団体、紛争地域で緊急人道支援や復興開発支援を行っている団体、被災地での緊急援助を中心に行っている団体などさまざまです。

私の場合は、開発途上国からの「地方病院で、集中治療室における重症患者への看護について改善・アドバイスをすること、訪問看護に協力すること」という要請に基づき派遣されました。実際に行ってみないと分からない状況があるとは思いますが、できることからやっていきたいと思っています。

感謝しつつ私も彼らのために

今年は日本・モンゴル国交関係樹立40周年です。1990年に社会主義体制から市場経済体制に移行したとき、それまでモンゴル経済・社会を支えていた旧ソ連(現在のロシア)が、経済的・人的支援を一斉に中止したため、モンゴルは大きな混乱に陥り、経済活動の停滞やインフラの老朽化等の問題に直面しました。

この厳しい状況のなかで、日本はいち早くモンゴル支援に取り組みました。親日国家であるモンゴルの背景にはこのような経緯があります。

そして東日本大震災のときには、日本もモンゴル政府・市民からたくさんの援助を受けました。物資支援、緊急援助隊派遣、政府義援金のほか、国家公務員全員とウランバートル市役所職員全員が1日分の給料を義援金として拠出することを決定したのをはじめ、多くの民間企業や一般の人々からも日本への寄付が表明され、たくさんの義援金が日本へ送られました。

日本をとても大切に思ってくれるモンゴルの方々に対して感謝しつつ、私はこの国のためにできることを精一杯やっていかなければならないと感じています。

次回の活動レポートに続きます。

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

海外事情・海外で働くの新着

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。 ...

2019/3/8

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

最終回 モンゴルの旧正月

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。 ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。 旧正月の過ごし方 病院内でモン...

2019/2/15

第4回 モンゴル語を習得してコミュニケーションを円滑に!

モンゴル語を学ぶために、現地の語学学校に通い始めた佐川香奈さん。今回は、モンゴル語の習得に奮闘する様子をレポートします。 歩いて5分から10分で草原が見える景色。2月はこんな感じでした。 モンゴル語に悪戦苦闘 モンゴルで仕事をしていくため...

2019/2/8