ナースマンガ

仲本りさのナース日記

カンボジア第1日目は手術室|仲本りさのナース日記【カンボジア編②】

2019/11/15

こんにちは!仲本りさです。

ジャパンハートこども病院に到着して2日目。
いよいよ病院での医療活動が始まりました。

活動時間は朝の8:00~17:00。 お昼に1時間半の休憩があります。 ちょうど、日本の病院で日勤をする感じです。

さて前回記事でも少し触れましたが、ジャパンハートこども病院では 主に「手術室・成人病棟・小児病棟・周産期医療」の4つに分かれて活動しています。

この日、私は手術室での活動を行うことに…

ジャパンハートの医療を支えている「手術治療」は カンボジアに常駐している長期ボランティア医師だけでなく 普段は日本で働きながら、定期的に短期でカンボジアに来て予定手術を行う…という形で 活動されている医師もいらっしゃるそうです。

私は、日本では普段、外科病棟で働いているため、手術室の経験は全くありません。

長期ボランティアで手術室を担当している看護師さんも 日本でのオペ室経験はなかった人も多いのだとか。

カンボジア人看護師の中には「麻酔看護師」として資格を持って、 麻酔をコントロールできる看護師さんがいました。

麻酔導入を行うことができ、患者さんの全身管理をしながら 視野も広く、英語・クメール語・日本語を使いながら状況判断して 手術の進行を支えている様子が印象的でした。

この日、短期ボランティアの私は、 術野を照らすライトの調整や物品の整理、ハエ叩きや ガーゼを数える、外回りの仕事、などなどを、 長期ボランティアの先輩から指導を受けつつ行いました。

宿舎での様子

宿舎では、ご飯におかず1~3品を各自よそって食べるスタイル。

ミャンマーのご飯もとても美味しくて、日本人の口には合うなあと思っていたのですが… カンボジア料理もおいしい!そして、ミャンマーと違ってカンボジア料理は辛くない!

シャワー室はお湯が出るところが2つ、水のところが2つあり、 スタッフが順番に入るスタイルです。 時間が被らないように注意が必要でしたが それほど注意を払わなければならないほどではありませんでした。

そして、ボランティアスタッフの部屋はこんなところ! 一部屋に5名から8名程度のスタッフがゴザを敷いて寝起きしていました。 床は大理石でちょっと硬かったので、マットがあるとよかったかもな…と思いながらも 結局は毎日爆睡していました(笑)

大人になってから、ほとんど体験することがなくなった寮生活。 ここに来るまで会ったことのなかった人と、 ボランティアに参加しようと思ったきっかけなど いろんな話ができることもまた、面白さの一つでした。

活動日初日、旅疲れもあり、早々に泥のように眠りに落ちました。

 

<< DAY1 | DAY3 >>

risa_inst_icon

はじめての海外医療の看護師さんにオススメ!「ボランティアツアー」詳細はこちら

※特定非営利活動法人ジャパンハートのサイトに遷移します

関連記事

risa_inst_icon

2日間から参加できる!国際医療ボランティア|ナーススクエア

医療の届かないところに医療を届ける「国際医療ボランティア」、知っていますか?「ハードル高そう…」と思われがちかもしれませんが、実は…

著者紹介

risa_inst_icon

仲本りさ(risa_rsrs)
看護や日常で感じたことをイラストにした投稿が人気の現役ナース兼イラストレーター。Instagramのフォロワー数は40,000人以上。(2018年10月現在) 2018年 「現役看護師イラストエッセイ 病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。」を出版。

仲本りさ×ナース専科インタビュー

仲本 りささんの新着

仲本りさのナース日記の新着

ナースマンガの新着

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

関連するキーワード

検索