1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. ナースマンガ
  4. カンボジアにはジャパンハートの病院が建っている!|仲本りさのナース日記【カンボジア編①】

カンボジアにはジャパンハートの病院が建っている!|仲本りさのナース日記【カンボジア編①】

  • 公開日: 2019/10/25
  • 更新日: 2019/12/10

 

こんにちは、
仲本りさです。

いつもナース日記を見てくださってありがとうございます!

一年前に私はジャパンハート の短期ボランティアでミャンマーのワッチェ慈善病院に1週間行ってきました。この先も看護師を続けて行く上で、とても大事な学び・気づきに満ちた経験だったのですが、同時に“海外の現場で本当に役に立てるようになるには、短期では足りない“ということも強く感じました。

かと言って、海外に長期で行くとなると、
今働いている病院はどうなるの?
戻ってきた時に日本で働けるの?
お金はどうしよう?
結婚とか出産だってしたい気持ちもあるし…
家族や友達と離れることになるし…

そんな風に迷っていると、ジャパンハート人材育成の先輩にこう言われました。

自分らしい関わりってなんだろう?
現地に腰を据えるだけでなく、基本は日本の病院で働きながら、海外医療に貢献する道があるのかな?もう少し私にもできることを探したいな…

そんな気持ちで今年もまた、夏休みを利用して、カンボジアの短期医療ボランティアに行ってきました。

ということで今回も、現地での医療活動レポートを書かせていただきたいと思います!
どうぞよろしくお願いします。

 

DAY1:カンボジアにはジャパンハートの病院が建っている!

プノンペンの空港から車で約1時間…カンダール州に、ジャパンハートこども医療センターは建っていました。

ジャパンハートこども医療センターは、カンボジアの国立病院;ポンネルー病院に併設されていて、医療への信頼がないカンボジアで医療へのアクセスの底上げを図るため、ポンネルー病院で受診した結果、治療が難しい場合や入院が必要と判断された患者さんはジャパンハートの病院を受診できるようになっていました。

医療への信頼がない…というのは、ポルポト政権時代の名残りなのだそうです。

1975年~1979年の間、政治家ポル・ポトが共産主義政党「クメール・ルージュ」を率いてカンボジア全土に恐怖政治を敷き、最終的には学校の先生や医師などの知識人を中心に大量虐殺を行いました。このわずか4年間のポルポト政権時代に、推定150〜200万人のカンボジア人が飢餓・処刑・病気そして過労により命を落としたと言われています。中でもS21(トゥール・スレン)という政治犯収容所では、収容された2万人のうち生還できたのはわずか8名だったと言われています。

たった40年前に、カンボジアの知識人のほとんどが殺されてしまったこの出来事があるため、カンボジアには医療知識を持った人がほとんどいなくなってしまいました。 ポルポト政権時代に多くの教科書も燃やされてしまったため、自国語で医学を勉強することも困難な状況だそうです。現在は、病院自体はあるものの医療知識を持ったカンボジア人はほとんどおらず、民間で信じられている伝統療法で診療されていることも珍しくないのだとか。「病院に行ったら病気が悪くなる」と思っている方も多いと聞きました。病院を受診できない理由はお金がないからだけでなく、病院に行って病気が良くなるという認識がカンボジアの人々の間にないことも大きな要因となっているそうです。

さて、今回お世話になるジャパンハートこども医療センターは、「手術室」「成人病棟」「周産期医療」「こども病棟」などに分かれて活動しています。そこを、ジャパンハートの日本人スタッフとカンボジア人スタッフ、そして短期ボランティアスタッフで回しているという状況でした。

1日目は、カンボジアという国とジャパンハートこども医療センターのオリエンテーションを聞いて活動終了…

翌日から、各部署に回っての医療活動がスタートします!

 

<< DAY1 | DAY2 >>

risa_inst_icon

はじめての海外医療の看護師さんにオススメ!「ボランティアツアー」詳細はこちら

※特定非営利活動法人ジャパンハートのサイトに遷移します

関連記事

risa_inst_icon

2日間から参加できる!国際医療ボランティア|ナーススクエア

医療の届かないところに医療を届ける「国際医療ボランティア」、知っていますか?「ハードル高そう…」と思われがちかもしれませんが、実は…

著者紹介

risa_inst_icon

仲本りさ(risa_rsrs)
看護や日常で感じたことをイラストにした投稿が人気の現役ナース兼イラストレーター。Instagramのフォロワー数は40,000人以上。(2018年10月現在) 2018年 「現役看護師イラストエッセイ 病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。」を出版。

仲本りさ×ナース専科インタビュー

この記事を読んでいる人におすすめ

仲本りさのナース日記の新着

[番外編]カンボジアってどんな国?|仲本りさのナース日記【カンボジア編最終回】

こんにちは! そしてもう新年も明けてからだいぶ経ちましたが、あけましておめでとうございます。 いつも連載を見てくださりありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします! さて、このカンボジア短期ボランティアレポートも、前回で病院での医療活...

2020/1/31

関わり続けるということ|仲本りさのナース日記【カンボジア編④】

こんにちは、仲本りさです! 実は今日で、カンボジア短期ボランティア活動は最終日。 この日は成人病棟に行きました。 カンボジアの成人病棟で、現在看護師長として活動されている鈴木さんは、最初はジャパンハートの長期研修で、ここに訪れたのだそう。 研修の時...

2019/12/20

前置胎盤の妊婦さん…カンボジアでの周産期活動|仲本りさのナース日記【カンボジア編③】

こんにちは! カンボジアレポートを見てくださってありがとうございます。 4日間の医療活動のうち早くも3日目… あっという間に毎日が過ぎていきます…! 今日はカンボジア4セクション(手術・周産期・成人・小児)のうち、周産期の活動のボランティアを行いま...

2019/11/29

カンボジア第1日目は手術室|仲本りさのナース日記【カンボジア編②】

こんにちは!仲本りさです。 ジャパンハートこども病院に到着して2日目。 いよいよ病院での医療活動が始まりました。 活動時間は朝の8:00~17:00。 お昼に1時間半の休憩があります。 ちょうど、日本の病院で日勤をする感じです。 さ...

2019/11/15

寝れない仮眠|仲本りさのナース日記(22)

現役看護師兼イラストレーター仲本りささんが描く、看護師のとある1日。 これはあるあるというより私の話なのですが… 夜勤が年々きついのです。 それがもう、はい。 身体がもう悲鳴というか破綻というか… 私のところは2交代なので 16:00~...

2019/10/24

ナースマンガの新着

看護の力|【マンガ】忘れられない患者さん

NEW

看護師1年目、やっと夜勤で独り立ちができるようになった頃、病棟にはいつも大声で叫んでいらっしゃる大変な患者さんがいらっしゃいました。ついには周りの患者さんから苦情も来るようになってしまい…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

2021/11/27

葵の決断|【マンガ】白馬の王子様は関西弁でした(24)

黒田とのデート終盤、まさかの白馬先生に遭遇し…?毎週【金】更新 これまでのストーリーは▶こちら 続きは2ページ目!   毎週【金】更新更新のお知らせはSNSで受け...

2021/11/26

家族で叶えた最期の時間|【マンガ】忘れられない患者さん

「もしできるなら、旦那と過ごした家に最期は帰りたい」そうおっしゃった末期がんの患者さん。遠方に住む妹さんたちはそれを聞いて…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 このエピソードは、「ay-...

2021/11/25

強い想い|【マンガ】忘れられない患者さん

ICUに勤務し3年目のころ、綾野さんという妊婦さんが搬送されてきました。急遽、帝王切開の判断になった患者さん、朦朧とする意識の中で「子どもだけはどうか助けてください」とおっしゃっていて...看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

2021/11/23

髪の毛を切ったチズさん|【マンガ】ナースのちょっとイイ話

訪問看護で山の麓にあるチズさんのお宅に伺った時の話です。その日は先輩に同行で、初めての訪問。先にお部屋へと上がった先輩が「チズさん髪の毛切ったんですね~」と言っている声が聞こえ...「ナースのちょっとイイ話」看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けしています。 ...

2021/11/21