まなび

わかりやすい看護用語まとめ

妙にカッコよく聞こえるシュナイダーの一級症状!ついでにシュナイダーがどこの国の名前か調べてみた。

2019/8/9

シュナイダーの一級症状
読み方:しゅないだーのいっきゅうしょうじょう

 

シュナイダーの一級症状

統合失調症の診断に用いられるもので、統合失調症のとくに陽性症状についてまとめたもの。約90年前、精神科医のクルト・シュナイダーさんが考えたもの。

  1. 考想化声:自分の考えている内容が、存在しない幻聴になって聞えてくること
  2. 複数の人の対話形式の幻聴:複数の人が自分について、うわさなどをしている声がきこえること
  3. 自己の行為を批評する形の幻聴:自分が何か行動や発言をしようとすると、その行為を非難するような声がきこえること
  4. 身体への悪意ある行為:24時間誰かに監視されている、誰かに命を狙われているなど、思い込むこと
  5. 考想奪取:自分の考えが他者によって、抜き取られてしまうと感じること
  6. 思考への干渉:自分の思考が、他者から干渉を受けていると感じること
  7. 考想伝播:自分の考えは、周りの人に筒抜けになっていると感じること
  8. 妄想知覚:関係ないものを無理やりに関連付けて考えること
  9. 作為体験:他人に自分の思考、意志、行動を操作されていると感じること

 

シュナイダーってどこの国の名前?

wikipediaによると、南部ドイツ語圏のドイツ語の姓、とされており「仕立屋」を意味するとのこと。

かつてサッカー少年だった40代達であれば、「キャプテン翼」にも登場し、カイザー(皇帝)の異名をもつカール・ハインツ・シュナイダーを思い浮かべる人が多い。

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索