エッセイ

ナースのちょっとイイ話

病棟を「患者さんの生活の場」にするために、先輩が大切にしていた2つのこと

2018/9/26

先輩から直接指導していただいているときよりも、先輩から離れた後に「あのとき、自分はなんて素晴らしい指導を受けていたんだろう」と実感することがあります。
今回は、先輩から学んだことを現在の看護に生かしている、蹴球ママさんのエピソードをご紹介します。

 

先輩が大切にしていたこと

14年間外来に勤務していた中で、一番厳しかった先輩ナース。

その方は今までにICU,OPE室、血管撮影室、そして救急室と特殊なあらゆる部署を経験して来られ、40代後半で正看護学校に入学し、現在に至る方でした。

救急室の物品配置も、誰が入っても使いやすいようにと隅々にまで気を配り、自分にも厳しく、わからないことはとことん調べ、学習されていて、ノートには切り貼りした資料がびっしり。ちょっとした分厚い本くらいの厚さになっていました。

「患者さんへ対応するときは気配りをする」「5S(整理・整頓・しつけ・掃除・清潔」を大切にされている方でした。

「患者さんにとっては生活の場」

外来から病棟に異動し、感じたのは「介護士まかせ」のことが多いということ。ゴミ集めなども「介護士さんがしてくれるから」と、看護師がやらないことも多くありました。

でも、看護師がそれぞれの受け持ちの部屋の机を少し拭くだけでも、環境は大きく変わります。

自分ができることから少しずつ始めて、病棟をもっと良い環境にしたい…外来で、先輩に口を酸っぱくして言われていた「患者さんにとっては生活の場」という言葉が、自分のものになっていたのだということを、今感じています。

 

患者さんにとって、病棟は「生活の場」。対応等に追われ、環境整備は助手さんや介護職員にお任せしてしまいがちですが、なぜそのケアが必要なのかについて、自分自身振り返りたいと感じた、蹴球ママさんのエピソードでした。

●執筆● 蹴球ママ  さん
あなたのストーリーも教えてください!「ナースのちょっとイイ話」でご紹介させていただきます。 ご参加は こちら から。

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索