エッセイ

ナースのちょっとイイ話

なぜ、ナースは「理想」ばかり叶えようとするのだろう?

2016/9/10

テーマ:就職・転職直前の「ドキドキ」とその後

リアリティーショック?

senpai 3

理想の看護師像?

もともと憧れて選んだ職業ではなかったので、理想の看護師像などはまったくありませんでした。
共働きの両親が社会的責務をこなし、家族も大切にして育て上げてくれたのが身に染みていたので、「大人になって働くとは」を考える機会がたくさんありました。
働く場所はどこでも良かったんです。
自分に課せられたことをこなし、お給料がもらえたら。
臨床は初めてのことだらけ。当たり前。
先輩に怒られる。出来てないから当たり前。
分からないことは調べて確認する。当たり前。
「理想の看護ってこんなんじゃないっ!!」と感じたことは一度もありませんでした。

理想と向上心

現在の退職理由にも多く含まれているリアリティーショックですが、いまいちピンとこないんです。
正直なところ。理想って、叶うと満足してしまうと思うんです。
満足すると、向上心ってどうなるんだろう?
私は初めてのことと出会い、学習する楽しさを知り、スキルアップしていく今が、充実しています。
その【今】が16年続いています。

●執筆●あ さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索