1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第15回 『人はみんな死ぬんです』―悲しみを乗り越える思い

【連載】泣いて笑って訪問看護

第15回 『人はみんな死ぬんです』―悲しみを乗り越える思い

  • 公開日: 2014/1/4
  • 更新日: 2020/3/26

 

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


うちの社長はともかく前を見ている。

前しか見ていないと言っても過言ではないかもしれない。

社長がうちの訪問看護ステーションを立ち上げたのは8年前。始めは社長を含め、3人だけの看護師だったのが、現在11名の看護スタッフを抱えるまでの大きい訪問看護ステーションになった。

ここまで訪問看護ステーションを大きくするまでには、いろんな苦労もされてきたが、どんな状況下でも、「ここが踏ん張り時です」と常に下を向かず顔をあげてこられた社長。50代から多忙の中、言語聴覚士の資格をとるために学生になったことも・・・。

「振り返るとあっと言う間でしたね・・・」と眼を細められた。

訪問看護ステーションの社長が看護師を目指したきっかけ

社長が6歳の頃、祖父を看取ったのが、看護師を目指すきっかけになったとか・・・。

当時、裕福ではなかった暮らしの中で、家族で分担をして祖父の介護をされていたとのこと。 母は早朝と夜に清拭とオムツ交換、日中は働きに出かけ、9歳の兄は新聞配達と祖父の食事介助、社長は当時6歳で尿瓶を破棄する係りだったそうだ。

家族で働いたお金をみんなで持ち寄り、これだけのお金でやりくりしようねと生活していたため、家族は結束を増し、特に辛いという感情はなかったと。

「月に一度の外食はタヌキうどんでね。質素なものだったけどとても嬉しくて・・・。その後に食べる小豆アイスの味は忘れられないですね」と。

そんなある日、当時6歳の社長が祖父の尿瓶を捨てにいこうと部屋を訪れたら、祖父が既に冷たくなっていたそうである。

「頭が真っ白になりましたね。人って死ぬとこんなに冷たくなるんだと、漠然と感じていました」

しかし、当時6歳の社長は、死というものがどういうものかわからなかったという。

当時のお葬式は湿っぽいものでなく、お餅をまいたりして賑やかに過ぎていき、往診に来られていた先生と看護師さんも参列され、手を合わされたとか。

その姿をみた時に初めて、『ああ、本当に死んでしまったんだな』と実感されたそうである。

毎回往診にこられる先生と看護師をいつも側で見ていたこともあり、家で人が自然な形で亡くなっていくことや、家族で団結して介護をしていくということが、当たり前のように頭の中に流れこんできた小学生時代。

いつしか、自分も『自宅でその人らしい人生を終わらせるお手伝いをしたい』という想いが芽生え、中学生になる時には、将来看護師になりたいと決意されていたそうだ。

社長が医療に携わるモチベーションは

「人は1人では生まれてこれないし、1人では死ねないんです。だから、始めと最後は人の手をかりて初めて成り立つものなんですよ」と。

そしてまた、 「医療者の仕事は24時間365日です。病気に休みはありませんからね」とも。

その言葉の通り、社長は現在も365日殆ど休むことなく現場にも顔を出しながら仕事をされている。あまりに休まないため、部下が心配するほど。

しかし、社長は心配する部下にこんな風に返す。

「こんなやりがいのあるお仕事、もったいなくて休んでなんていられません。看護をさせていただける有難さ!感謝感謝です!」

まさに天職というところだろうか。

「人はみんな死ぬんです」

だからこそ、利用者様に残された時間を、少しでも輝かせるお手伝いが出来ることを願い、今日も私達は訪問に出かけてゆく。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29