1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第8回 『認知症の方との会話術』―摘便介助を説得するコツ

【連載】泣いて笑って訪問看護

第8回 『認知症の方との会話術』―摘便介助を説得するコツ

  • 公開日: 2014/1/6
  • 更新日: 2020/3/26

 

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


摘便拒否、説得はしたけれど…

訪問看護はどうしても高齢者との関わりが多いため、認知症の方とコミュニケーションをとることが多いのは事実。

ただ、認知症と一言で言っても、アルツハイマー型やら、レビー小体型やらいろいろあるが、全てに共通して有効な関わり方が一つある。
もちろん、進行具合により適応しないこともあるが、一番大切なのは、ご本人の訴えを受けとめること。
今回は認知症のある方の摘便介助での例を紹介したいと思う。

レビー小体型認知症の76歳女性、慢性便秘で2週間位便が出ないこともあるとか…。

もちろんこのような場合、下剤での排便コントロールが第一優先だが、この方の場合、薬が何も効かないため、自然に任せてるとのこと。
とはいえ、肛門からはもう硬い便が見えている状態。看護師としては、やはり出して差し上げたい。

ご家族も出して欲しいと希望はあるものの、無理にやると本人が暴れるためできないと諦めている。

この症例、実は一回目の関わりでは失敗している。

もちろんはじめにご本人に説明はした。
「便が溜まっていて大変だから出しましょうね」と説得し、了解も得た。
しかし、実際肛門に指を入れたら激怒。
「馬鹿野郎!何すんだ!」
暴れ出す相手を、「すぐ終わるから頑張って!」と無理やり抑えこみ、なんとか無事に終了…したかにみえた。

<!–readmore–>

しかし、これを2週続けて実施したところ、目を合わせるだけで関わりを拒否されるようになり、結局その看護師は出入り禁止となってしまったのである。

さて、その次に入ったN先輩ナース、先日摘便をしてきたというため、「大変だったでしょう?」と聞くと、「え?全然?とっても穏やかに協力してくれたよ」と。

そこで、どう関わったのかを詳しく聞いてみた。するとこんな会話のやりとりがあったことを教えてくれたのである。

「ご本人にね、まず便が溜まってることをお伝えして、本人にも『どうですか?』って聞いてみたの。そうしたら『そうね…』って。
でね、『娘さんがとってもお母様のことを心配されていて、私に出して欲しいってお願いされたんだけどどうしよう…』って相談したのよ。そうしたら、『浣腸やるとお腹痛いから嫌なのよね…』と意外にまともな返事。
そこで、『そうだよね?』って同調してから、病院から処方されたかなり大きな浣腸を見せて、『こんなのが先生から出されてるんだけど大きくて嫌だよね?でも、娘さんが、赤ちゃんにでも使える小さな浣腸をお母様のために買っといてくれてるみたい、ほら、こんなに小さいけど、どっちが良いかな?』って本人に選んでもらったの。
そうしたら、もちろん小さいやつ選ぶよね。それで、『じゃあ大変だけど、ちょっと頑張ってみようか』って話したら、『うん』って。
で、やってみたら、全然抵抗しないでやらせてくれたよ』と。

認知症であっても人格を尊重する

N先輩のやりとりと、はじめのナースのやりとりと、大きな本筋は変わらない。
はじめのナースも説明はした。しかし、N先輩ナースとの会話の中では、何度も相手に問いかけ、相手に選択をさせたり、自分で考えたりさせているのが分かるだろうか。

認知症の方との関わりは、「深い説明をしても仕方ない。時間のない中ではこっちのペースで仕事をするのも仕方ない…」となりがちであるが、できればそんな関わりはしたくない。

いくら認知が進行していて意味が分からないにしても、相手が自分に対して誠実に向き合おうとしているかということは、認知症の方は、より敏感に感じとるのではないだろうか。

はじめに入ったナースが、「一人で摘便するのが大変で」と相談された時、「じゃあ、ヘルパーさんと被せて2人がかりで便だしできるようにしてみようか…」と、方向としては強制的に便を出すという提案しかできなかった自分が恥ずかしくなった。

N先輩ナースの関わり方を見ていて、やはり、認知症の方はもちろんのこと、どんな方に対しても、一人一人誠実に、人格を尊重して向き合わないといけないなと、改めて考えさせられたエピソードであった。

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29