1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. キャリアアップ
  5. 海外事情・海外で働く
  6. 第3回 英語教育の落とし穴

【連載】ナースに英語は必要かしら?

第3回 英語教育の落とし穴

  • 公開日: 2014/1/6
  • 更新日: 2020/3/26

 

国際化の時代、看護師にも英語は必要でしょうか? 移住者や観光客が増えているから、というのはもちろん、実はそれ以上に、看護師に英語が必要なワケがあるのです。看護師と英語の深ーい関係を、英語教育の現状に触れながら、解き明かしていきます。


語力=知力の勘違い

「英語ができたらかっこいい」「英語ができたらもてる」「英語ができたらすごい」など、英語はいつからこうした憧れの対象となったのでしょうか?

世界の4人に1人が使用する英語は、世界の共通言語という枠を超え、今やよりよい高等教育を受けるための門番となりつつあります。

「英語ができないと希望の学校に入れない」

こうした受験生にのしかかる教育現場の現状が、「英語ができる=優秀」という方程式を生み出したのかもしれません。

しかし、ここで注意すべきは、“英語が話せることと、その人の知力は無関係である”ということです。

日本語で書かれた算数ができなければ、英語で書かれた同じ問題も解けるはずがないように、英語力と問題解決力は全くの別物です。英語というのは、あくまで言語であり、言語とは自分のアイデアや意見、技術や能力を表現する意思伝達の手段です。 
<!–readmore–>


語力・知力の基盤は母国語

過熱する英語教育で一番怖いのは、「早ければ早いほどいい」という親の気持ちの押し付けから、母国語の獲得と英語の学習を混同し、日本語も英語も中途半端になることです。

これは、可能性を広げるどころか、住むところも働くところも非常に制限する結果を招きかねません。

英語は、確かに将来の可能性を広げてくれるかもしれません。しかし、この可能性は私たちが日本人として第一言語である日本語、そして基礎教養という知識の基盤を身に付けて、初めて成り立つものであることを忘れてはいけません。

次回は、英語ビジネスと挫折についてです。

海外事情・海外で働くの新着

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。 今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香...

2019/6/7

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。 ...

2019/3/8

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

最終回 モンゴルの旧正月

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。 ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。 旧正月の過ごし方 病院内でモン...

2019/2/15