エッセイ

ナースのちょっとイイ話

〇〇だから、と優先順位を低くした結果…

2015/7/25

テーマ:看護師になって辛かったこと

未熟な自分

byoshitsu

ADL自立の、若い患者さん

新人の頃、若い患者を受け持っていた。
その患者はある感染症で入院していたが、ADLは自立していたため、その日の受け持ちの6名の中での優先順位は低いと考えていた。

病状が出ていたのに

朝、挨拶のため訪室するとやや嘔気を訴えていたが、すこしマシになっているからとのことだった。
そのため、朝一の点滴患者を優先に回っていた。
何故かふと気になり、若者の部屋を覗くと血を流し、失禁して倒れていた。

若いからというだけで…

緊急ナースコールを押そうにも特別室で、場所がわからず、先輩を叫んで呼んでドクターハートをかけて対応した。
初めて目の前での急変に衝撃を受けるとともに、ただ若いからとゆう理由で優先順位を低くし、訪室しなかったことをすごく後悔しました。
看護師としてしっかりと急変リスクをアセスメントできなかったことを後悔し、とても辛かった思い出です。

●執筆●ラム さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索