アンケート

趣味・娯楽

心理学者の壮絶な投獄体験 「夜と霧」

2015/4/30

「夜と霧」 


「夜と霧」

オススメ著者

ヴィクトール・E・フランクル

オススメポイント・エピソード

とても有名な本なので、すでに読まれている人も多いと思います。
強制収容所に入れられた体験を心理学者としての観点から出来るだけ客観的に記述されています。収容所における段階と精神状態が分かりやすく描かれていました。

今までは、壮絶な環境から解放された時に光が見えたのだと思い込んでいましたが、その後の苦悩はさらに過酷な物でありました。また、テヘランの死神の逸話のように運命に翻弄された大勢の方々のことを思うとやるせない気持ちでいっぱいです。
このような想像を絶する環境でなくとも現代社会にも同じような構図があるような気がしました。如何に生きるかを再認識させられました。

●執筆● 匿名さん
このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

趣味・娯楽の新着

アンケートの新着

検索