1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 看護師国家試験
  5. 看護師国家試験対策・過去問
  6. 【小児】Aくん(12歳、男子)は、5歳で気管支喘息と診断され、抗アレルギー薬の服用と副腎皮質ステロイドの吸入をしている。Aくんの帰宅に際しての看護師の対応で最も適切なのはどれか。

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【小児】Aくん(12歳、男子)は、5歳で気管支喘息と診断され、抗アレルギー薬の服用と副腎皮質ステロイドの吸入をしている。Aくんの帰宅に際しての看護師の対応で最も適切なのはどれか。

  • 公開日: 2015/6/25
  • 更新日: 2020/3/26

 

【小児】Aくん(12歳、男子)は、5歳で気管支喘息と診断され、抗アレルギー薬の服用と副腎皮質ステロイドの吸入をしている。アレルゲンはハウスダストである。Aくんは小学校3年生までは、年に数回の中発作を起こし入院治療をしていた。その後は、月に1回の外来受診で症状はコントロールされ、入院することはなかった。小学校6年生の冬に学校で中発作を起こし、学校に迎えに来た母親とともに救急外来を受診した。

Aくんの帰宅に際しての看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1.毎日の食事内容を記録するように伝える。

2.治療の経過を学校に報告しておくと伝える。

3.発作が学校で起こった要因について話し合う。

4.薬を飲み忘れないよう母親に管理してもらうことを勧める。

―――以下解答―――









(解答)3

<解説>

1.(×)Aくんにとってのアレルゲンはハウスダストなので、食事内容を記録する必要はない。

2.(×)治療の経過は、母親やAくんを通して学校に伝えるようにする。

3.(○)学校での発作前にどんな経験をしたのかを洗い出し、学校で発作が起こらないようにする方法を話し合うことが大切である。

4.(×)Aくんの年齢や病歴(7年)を考えると、Aくん自身が薬物管理を行えるようにすることが大切である。

看護師国家試験対策・過去問の新着

老人性難聴のある患者に対する援助として正しいのはどれ?

1.老人性難聴のある患者は音を聴き取ることが負担となるので、必要最低限の会話だけをするように心がける。 2.話しかける時はなるべく高音ではっきりと話す。 3.会話中はドアを閉めたりテレビの音を小さくするなど、できるだけ雑音の少ない環境をつくる。 4.老人...

2020/8/19

初経を発来させるホルモンはどれ?

初経を発来させるホルモンはどれ? 1. 卵胞ホルモン 2. 抗利尿ホルモン 3. 副腎皮質ホルモン 4. 甲状腺刺激ホルモン ―――以下解答――― (解答)1 <解説> 卵胞ホルモンは、子宮内膜を増殖させ、初...

2020/5/1

抗体を産生する細胞はどれ?

【入職後がイメージできる!】国試後~入職までに読みたい連載 ■スーパープリセプターSAKURA 関連記事 ■【人体】抗体を産生するのはどれか。 Q 抗体を産生する細胞はどれ? 1. 巨核球 2. 好中球 3. 形質細胞 4. T細胞 ――...

2020/4/10

呼吸数が増加するのはどれ?

呼吸数が増加するのはどれ? 1.睡眠 2.発熱 3.嘔吐 4.動脈血酸素分圧(PaO2)の上昇 ―――以下解答――― (解答)2 <解説> 1.× 睡眠時には代謝機能が低下し、酸素消費も低くなり、呼吸数は減少...

2020/4/3

心臓カテーテル検査と看護について正しいのはどれ?

心臓カテーテル検査と看護について正しいのはどれ? 1.スワンガンツカテーテル法は左心カテーテル検査である 2.左心カテーテル検査後、問題がなければ5~6時間後に食事を開始してもよい 3.左心カテーテル検査は静脈穿刺で行う 4.左心カテーテル検査で中心静脈圧の測...

2020/3/29