アンケート

趣味・娯楽

看護師が幼少期に衝撃を受けた実話「典子は、今」

2014/10/25

「典子は、今」


典子は、今 (1981年公開)

監督/主演俳優

監督:松山善三
主演:辻典子

あらすじ

サリドマイドにより、四肢に障害を持って生まれた少女が自分の力で懸命に生きているすがたをドキュメンタリーとして追った作品。

おすすめポイント

小学生のときに見た、センセイショナルな作品である。

でも、その時に感じたこと、障害を可哀想と捉えるのではなく、懸命に生きているすがたの素晴らしいと感じたことは忘れられない。

障害を乗り越えることは簡単では無いからこそ、その過程が素晴らしいのだと思った。姿・形が違うこと、障害に対する偏見を改めるきっかけとなった映画である。

その頃、学習障害等で特別な教室で勉強していた生徒に対して、偏見を無くし、その子と気持ちを合わせて話したり笑ったりすることが出来た。今、思えば、その子に真剣に向き合うことで、その子も私に心を向けてくれたのだと思う。気持ちを変える。それは、行動を変えることでもある。

●執筆● 気付けば40才!! さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

趣味・娯楽の新着

アンケートの新着

検索