1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. 健康・美容情報
  5. やけ食いをするときに、守りたい3つのルール

【連載】美容健康情報

やけ食いをするときに、守りたい3つのルール

  • 公開日: 2014/1/8
  • 更新日: 2020/3/26

 

看護師は他の職種に比べ、ストレスフルな仕事だと言われています。

みなさんはストレスを感じて、やけ食いをしてしまった経験はありませんか。

今回は、「なぜ、やけ食いをしてしまうのか」「やけ食いをするときに、守りたい3つのルール」について紹介します。


やけ食いは、ストレスから身体を守るための防御反応!

ストレスを感じると、交感神経が優位になり、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

このとき、体が乱れを整えようとして、脳から副交感神経を活発にするために指令が出ます。

副交感神経を活発にする方法は、睡眠や入浴など、いろいろありますが、最も手っ取り早い方法が、「摂食し、胃腸を動かすこと」なのです。

つまり、ストレスから体を守るために、やけ食いを行っている、というワケです。

お菓子を食べている写真

やけ食いを慢性化させないための3つのルール

防衛反応であるやけ食い。

一時的にはストレス解消になりますが、慢性的になると消化不良を起こしたり、体重が増加したりと、デメリットが多くなってしまいます。

そこで、慢性化させないためのやけ食いのルールを3つ紹介します。

ルール1 本当に食べたいものを選ぶ

視覚、嗅覚などをフル活用して、心から食べたいと感じるものを選びましょう。

適当に選んでしまうと満足度が低くなるため、物足りない気分になってしまいます。

物足りない気分はさらなる摂食行動を引き起こし、慢性的なやけ食いになってしまう恐れがあります。

マカロンの写真

ルール2 罪悪感を持ちながら食べない

罪悪感がストレスになり、ストレス→やけ食い→ストレスという悪循環が生まれてしまいます。

やけ食いをしてしまっても、「ストレスを解消できてよかった」と思うようにしましょう。

ルール3 別のことをしながら食べない

たとえば、テレビやインターネットを見ながら食べると、味や食感、香りをあまり感じることが出来ず、満足感を得にくくなります。

集中してしっかり味わうことで、本当に食べたいものがわかるようになり、無駄に食べてしまうことがなくなります。

イメージ写真

参考文献

  1. ストレスが招く情緒的過食 http://www.nikkeibp.co.jp/article/gdn/column/010/200904/509977/
  2. メンタルヘルスケア http://www.nurse.or.jp/nursing/practice/shuroanzen/safety/01.html
  3. 「ストレス食いは悪くない」,『日経ヘルス』2011年11月号, p.50-53, 日経BP社.

この記事を読んでいる人におすすめ

健康・美容情報の新着

快眠のためにこだわっているグッズは?

皆さんが快適な睡眠を得るためにこだわっているグッズを投票で聞きました。 快眠のためにこだわるのは「枕」「掛け布団」「敷き布団」 Q 快眠のためにいちばんこだわっているグッズは? 投票の結果、こだわりの睡眠グッズとして最も多く票数が集まった...

2018/7/13

最終回 笑いヨガで笑顔と健康を手に入れよ!

最近、笑うことが少ないと感じている“おみね”と“まるっぺ”が、インドの医師によって考案された、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせた健康法「笑いヨガ」を体験! 二人の笑顔の行方は……? キャラクター紹介 おみね 今月の願望 妹と...

2017/5/5

トラフル軟膏とは? 「口内炎」の関係についての実態

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、このたび、口内炎治療薬「トラフル軟膏」の発売にともない、20~30代の女性500名を対象とした、「ライフスタイルに関する意識・実態調査」を実施しました。 “放置女子”の残念な実態…「食事」や「入浴・歯磨き...

2014/1/16

更年期症状の強いミカタ『エクオール』が、ついに商品化!!

4月2日、『エクエル』誕生! 35~64歳の女性の70%(約1500万人)が悩んでいるといわれている「更年期症状」。この悩ましい症状に対して、新たな助っ人が4月2日に登場します。 その名は、『エクエル(EQUELLE)』。 更年期症状の改善に効果のある成...

2014/1/13

健康づくりのための“快眠のススメ”

睡眠障害によって生じる経済的損失は3.5兆円 春眠暁を覚えず……などと言いますが、この季節はうつらうつらしがちです。でも、その眠気が不眠症や睡眠時無呼吸症候群などによるものであっては大変。重大な事故につながりかねません。 2003年2月26日、JR山陽新幹線が...

2014/1/8