1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 「LINE」は看護現場の有力情報ツールに成長するか?!

【連載】宇田川 廣美の「ちょっと社会を見渡してみました」

「LINE」は看護現場の有力情報ツールに成長するか?!

  • 公開日: 2014/1/8
  • 更新日: 2020/3/26

 

LINE株式会社が上場を申請

国内5200万人、世界で4億8000万人を超える人が使う無料通話・メール アプリの『LINE』。サービス開始から3年で、急速に利用者を増やして発展してきたLINE株式会社 が、“東京証券取引所に上場申請した” というニュースが流れました。

株式を上場させると、不特定多数の 多くの人に会社の株を購入してもらえるようになり、その分、企業は潤沢な資金を得られます。LINE株式会社 は今回の上場によって、海外事業を拡大するための資金調達を目指しているのだそうです。

「LINE、東証に上場申請 時価総額1兆円か 11月にも上場」日本経済新聞HP

医療現場・医療者への普及をLINEの社会的課題にプラス!

看護学生はLINEのグループメッセージ機能を利用して、実習グループのメンバー同士で打ち合わせや伝達、励まし合いを行っているそうです。ナースの皆さんはLINEをどのように利用していますか。

例えば、病棟内の申し送りをLINEにすると、情報共有がもっと効率よくできるのではないでしょうか。訪問看護では、1人で訪問した先で判断にあぐねる事態に遭遇した際、他のナースたちからアドバイスを受けることも可能になるかもしれません。

私はこうしたことから看護場面でのLINE活用に可能性を感じています。その一方で、より確実なセキュリティ機能による情報保護対策や既読機能に対する課題も感じています。

グループでLINEを利用する場合、「誰が読んだか、読んでいないか」は把握できない仕組みになっています 。看護学生の実習グループのように4~5人のメンバーであれば確認メッセージのやり取りは大した負担でないものの、それ以上のメンバー数になると、「読んだ/読んでない」の確認は、面倒かつ煩雑なものになってしまうでしょう。

「誰が読んだか/読んでいないか、手間をかけることなく瞬時に確認できる機能」が加われば、医療や看護分野だけでなくチームで仕事をする場面での情報共有ツールとして普及していくのではないでしょうか。

株式上場が海外への事業展開だけでなく、LINEソフトのさらなる機能向上にいかされ、看護場面の効率化につながることを期待しています。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13