• 公開日: 2014/1/13
  • 更新日: 2020/9/11

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

女性の更年期障害に最も関与するのはどれか?

女性の更年期障害に最も関与するのはどれか?

1.性ホルモン

2.成長ホルモン

3.甲状腺ホルモン

4.副腎皮質ホルモン

―――以下解答―――

(解答) 1

<解説>

更年期障害は卵巣機能の低下により、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の著しい減少に起因する。更年期障害の症状は、自律神経失調症を中心とした不定愁訴である。

関連記事