• 公開日: 2021/9/16
  • 更新日: 2022/9/16

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

第112回看護師国家試験対策|1問1答マラソン【解答・解説アーカイブ】第1~25問

2022年9月1日からスタートした第112回看護師国家試験対策「1問1答マラソン」にご参加いただきありがとうございます!

このページでは、過去1週間に出題した問題と解答・解説を、まとめて掲載していきます!
【週1回ずつの毎週更新です】






■2022年9月1日~9月9日出題分


問題01:先天異常で正しいのはどれか。

1.軟骨無形成症は低身長になる。
2.Turner<ターナー>症候群は高身長になる。
3.Klinefelter<クラインフェルター>症候群は低身長になる。
4.Pierre Robin<ピエール・ロバン>症候群は巨舌症がある。


解答:1


1.(○)軟骨無形成症は、低身長になる。
2.(×)ターナー症候群は、低身長になる。
3.(×)クラインフェルター症候群は、高身長になる。
4.(×)ピエール・ロバン症候群は、小下顎症がある。
第108回(2019年)


問題02:痛風の患者の血液検査データで高値を示すのはどれか。

1.尿酸
2.尿素窒素
3.アルブミン
4.トリグリセリド


解答:1


1.(〇)痛風は、高尿酸血症の結果、関節内に尿酸が塊を作ることで激しい関節炎を伴う。
2.(×)尿素窒素が高値の場合、腎臓疾患や心不全などが疑われる。
3.(×)アルブミンが低値の場合、栄養障害が疑われる。
4.(×)トリグリセリドは中性脂肪のことで、メタボリックシンドロームの診断基準になっている。
第110回(2021年)


問題03:健常な成人の心臓について、右心室と左心室で等しいのはどれか。2つ選べ。

1.単位時間当たりの収縮の回数
2.拡張時の内圧
3.収縮時の内圧
4.心室壁の厚さ
5.1回拍出量


解答:1、5


1.(○)単位時間当たりの収縮の回数は、同じである。
2.(×)拡張期の内圧は、右心室0mmHg程度、左心室5mmHg程度である。
3.(×)収縮期の内圧は、右心室25mmHg程度、左心室120mmHg程度である。
4.(×)心室壁の厚さは、左心室の方が厚い。
5.(〇)1回の拍出量は同じである。 第107回(2018年)


問題04:成人患者の気管支喘息の治療で正しいのはどれか。

1.テオフィリンの投与中は血中濃度の測定が必要である。
2.副腎皮質ステロイド薬吸入後の含嗽は必要ない。
3.インフルエンザワクチン接種は禁忌である。
4.発作時にはβ遮断薬を内服する。


解答:1


1.(〇)テオフィリンは、安全域が狭いため、血中濃度を測定しながら投与する
2.(×)副腎皮質ステロイド薬吸入後に薬剤が口腔内に残るとカンジダ症などを引き起こすため、含嗽が必要である
3.(×)禁忌ではないが、接種については医師へ事前に相談するのが望ましい
4.(×)発作時は気管支拡張薬の投与が必要で、β2刺激薬が選択される
第108回(2019年)


問題05:細菌感染による急性炎症で最初に反応する白血球はどれか。

1.単球
2.好酸球
3.好中球
4.好塩基球
5.リンパ球


解答:


1.(×)
2.(×)
3.〇 急性炎症では、好中球が最も早く反応する。
4.(×)
5.(×)
第109回(2020年)


問題06:低血糖症の症状はどれか。

1.発疹
2.徐脈
3.冷汗
4.多幸感


解答:3


1.(×)低血糖時には発疹が出ることはない。
2.(×)低血糖時には徐脈ではなく頻脈 になる。
3.(○)低血糖時には冷汗が出る。
4.(×)低血糖時には不安感が出現することがある。
第108回(2019年)


問題07:小学校の児童が石けんと流水を用いた手指衛生の手技を習得するために最も適切な学習方法はどれか。

1.動画を視聴する。
2.友人と話し合う。
3.手洗い場で体験する。
4.養護教諭の話を聞く。


解答:


1.(×) 動画視聴などの間接体験よりも、手指衛生を実践する直接体験の方が手技の習得には効果的である。
2.(×) 話し合いはチームワークを高めたり、共通認識を得たりするのに有効な方法であるが、手技の習得には直接体験の方が効果的である。
3.(〇) 手洗い場で手指衛生の手技を実践する方法が最も適切である。
4.(×) 話を聞くことで手指衛生の必要性は理解できるが、手技の習得には手指衛生を実際に体験する方が効果的である。
第110回(2021年)


問題08:片麻痺のある成人の臥床患者の患側の良肢位で適切なのはどれか。

1.肩関節は内転10度
2.肘関節は屈曲10度
3.股関節は外転10度
4.足関節は背屈10度


解答:3


1.(×) 肩関節の良肢位は、外転10~30度である。
2.(×) 肘関節の良肢位は、屈曲90度である。
3.(〇) 股関節の良肢位は、外転0~10度、内旋・外旋中間位、屈曲10~30度である。
4.(×) 足関節の良肢位は、背屈・底屈0度である。
第109回(2020年)


問題09:介護保険制度における地域密着型サービスはどれか。

1.介護老人保健施設
2.介護老人福祉施設
3.通所リハビリテーション
4.認知症対応型共同生活介護<認知症高齢者グループホーム>


解答:4


1.(×)介護保険制度における介護給付の対象となるサービスには、「居宅介護サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」があり、介護老人保健施設は「施設サービス」に含まれる。
2.(×)介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は「施設サービス」である。
3.(×)通所リハビリテーションは、居宅介護サービスの中の「通所サービス」に含まれる。
4.(〇)認知症の高齢者が、住み慣れた地域で生活できるように支援するサービスで、認知症対応型共同生活介護は認知症対応型サービスにあたる。
第108回(2019年)





■2022年9月10日~9月14日出題分


問題10:この状況で考えられるAさんの症状はどれか。

Aさん(66歳、女性)は、4年前に前頭側頭型認知症と診断され、介護老人福祉施設に入所している。時々、隣の席の人のおやつを食べるため、トラブルになることがある。
この状況で考えられるAさんの症状はどれか。
1.脱抑制
2.記憶障害
3.常同行動
4.自発性の低下
5.物盗られ妄想


解答:1


1.(○)脱抑制は、衝動や感情を抑えることができなくなった状態を指す。人前で礼節を保ったり社会的に逸脱しないように行動したりすることができないため、隣席の人のおやつを食べてしまっていると考えられる。
2.(×)記憶障害とは物忘れのことで、数時間前にあった出来事をすぐに忘れてしまったり、昔から知っているはずの人の名前を忘れてしまったりする。
3.(×)常同行動とは、毎日同じ道を通って同じ場所に出かけたり、同じ時間に同じことをしたりするなど、決まった行動を繰り返すことである。
4.(×)自発性の低下は、自分や周囲に対して無関心になることである。
5.(×)物盗られ妄想とは、自分の所有物を誰かに盗まれたと思い込んでしまうことである。
第107回(2018年)


問題11:胃から分泌される消化管ホルモンはどれか。

1.ガストリン
2.セクレチン
3.胃抑制ペプチド
4.コレシストキニン


解答:1


1.(〇)ガストリンは幽門G細胞から分泌されるホルモンで、胃液の分泌を促進する。
2.(×)セクレチンは十二指腸から分泌されるホルモンで、膵液の分泌を促す。
3.(×)胃抑制ペプチドは十二指腸から分泌されるホルモンで、胃液の分泌を抑制する。
4.(×)コレシストキニンは十二指腸から分泌されるホルモンで、胆汁の分泌を促す。
第110回(2021年)


問題12:呼吸不全について正しいのはどれか。

1.喘息の重積発作によって慢性呼吸不全になる。
2.動脈血酸素分圧〈PaO2〉で2つの型に分類される。
3.動脈血二酸化炭素分圧〈PaCO2〉が60mmHg以下をいう。
4.Hugh-Jones〈ヒュー・ジョーンズ〉分類は呼吸困難の程度を表す。


解答:4


1.(×)慢性呼吸不全の原因疾患は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺結核後遺症であり、喘息の重積発作では発症しない。
2.(×)動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)によって2つの型に分類される。
3.(×)動脈血酸素分圧(Pao2)が60mmHg以下になった状態を呼吸不全という。動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)が、45mmHg以下の場合はI型呼吸不全、45mmHgを超える場合はII型呼吸不全と定義される。
4.(○)Hugh-Jones〈ヒュー・ジョーンズ〉分類は呼吸困難の程度を表しており、5段階で分類されている。呼吸器疾患の重症度を評価するときに用いられる。
第107回(2018年)


問題13:成人の上腕での触診法による血圧測定で適切なのはどれか。

1.ゴム囊中央が上腕の正中線に沿うように合わせる。
2.マンシェットの幅は13~17cmのものを使用する。
3.加圧後1秒ごとに10mmHg下がる速さで減圧する。
4.動脈の拍動が触知できなくなった値からさらに40mmHg加圧する。


解答:2


1.(×)ゴム囊中央が上腕動脈の真上にくるように合わせる。
2.(〇)適正なマンシェットの幅は、腋窩から肘窩までの長さの2/3である。成人の場合、13~17cmが適切である。
3.(×)3mmHg/秒くらいを目安に減圧する。
4.(×)動脈の拍動が触知できなくなった値から、さらに20mmHg加圧する。
第110回(2021年)


問題14:母乳中に含まれている免疫グロブリンで最も多いのはどれか。

1.IgA
2.IgE
3.IgG
4.IgM


解答:1


1.(○)母乳に含まれる免疫グロブリンは、IgAである。
2.(×)IgEは、アレルギー性鼻炎や気管支喘息といった、Ⅰ型アレルギーに関与する免疫グロブリンである。
3.(×)IgGは、血液中に最も多い免疫グロブリンである。母体から胎盤を通過して胎児に移行し、生後6ヶ月頃までの乳児を感染症から守る。
4.(×)IgMは、分子量が最大の免疫グロブリンである。細菌やウイルスに感染すると、最初に作られる。
第108回(2019年)






関連記事