マンガ
  • 公開日: 2022/6/14

コロナ禍での終末期看護|【マンガ】忘れられない患者さん

コロナ禍でスタッフが激減した病棟で終末期を迎えていた向井さん。モニター類に苦痛を訴えていたが…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。

末期がんで病状が悪化している向井さん 身体に付けられた装置を嫌がるが必要なものだと説明 コロナ禍でナースが不足して忙しい病棟 他部署から応援ナースがくる 応援ナースから向井さんの苦痛を伴う装置を外したことを報告される 患者さんの苦痛を最優先に考えられていなかったことを反省

このエピソードは、「あとママ さん」からご応募いただいたものです。

作画
アイコン画像
なぎり京
@poranp2
いつもは、『ちゃお』『ちゃおDX』で少女漫画を描いてます☆エッセイ系は初めてなのでドキドキです。宜しくお願いします‼

関連記事