1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第48回 プロフェッショナリズムの奥深さを見た!

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第48回 プロフェッショナリズムの奥深さを見た!

  • 公開日: 2017/6/16
  • 更新日: 2020/3/26

 

オランダの訪問看護組織「Buurtzorg」を視察した代表・川添。けっこうゆるい雰囲気を醸し出す訪問看護師らは、じつは本物のプロフェッショナル集団だった。


自立した能力を結集させた集団

「Buurtzorg」の各ステーションは、1チーム最大12名の訪問看護師によって成り立っているが、各チームの自立度は驚くほど高い。ステーション用のオフィス探しにはじまり、利用者の確保、看護師の採用や教育、財務などすべてに裁量と責任が与えられているのだ。

しかも管理者はいない。各スタッフが平等の扱いで、それぞれの自立した能力を結集させた「セルフマネジメントチーム」だということを強烈に印象づけられた。

教育の仕組みも特徴的だ。いわゆる座学で得られる知識は、各自が所有するiPadにすべて入っていて、つねにアップデートされている。外部研修への参加も奨励されていて、複数の大学病院と連携し、費用は本部負担でiPadから手軽に申し込みできる。

また、同行訪問はいつでもウエルカム状態。自分に足りないケアを学ぼうと、「同行させて」と頼めばいい。

日本のように、プリセプターがいて、教育プログラムに則って「あなたはここを勉強しないとダメですよ」と教育するシステムではないことは明らかだ。すべては、自分で、自分を成長させるために、あらゆるリソースを活用することに重きがおかれているのだ。

プロたちが互いに尊重し助け合う

今回は、ステーション男性訪問看護師アレキサンダーに同行して利用者宅でケアのお手伝いをした。昼頃にオフィスへ戻ると、スタッフらもほぼ全員が戻っていて、皆でランチタイムとなった。

私もパンやハム、トマトなどを買ってサンドイッチを作って食べていたところ、自然とカンファレンスが始まっていることに気が付いた。利用者のハイポイント、重要なことは何か、困っていること、悩んでいること、失敗したこと、うまくいかなかったケアなどを話し合っているようだ。

「Buurtzorg」の訪問看護師の約40%は学士以上の学歴を持つという。先のiPadを利用した学び、外部研修への参加奨励だけでなく、日常的にチームでの振り返りやアドバイスを頻回に行い、学ぶ意欲がとても高い。プロフェッショナルとしての意識が高く、互いに尊重し合って助け合っているのだ。

現場に任せるからこそ、任せられるからこそ、本部が手とり足とり指導しなくても、わずか7年でスタッフ数約6,000人へと急成長できるのだろう。

オランダと日本との文化の違いなのだろうが、一人ひとりの自立は、すべて自分の責任に基づいていることを痛感させられた。プロフェッショナリズムの奥深さを再認識させられたオランダ視察である。

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29