1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第3回 モンゴルで唯一のがん専門病院

【連載】モンゴル活動記

第3回 モンゴルで唯一のがん専門病院

  • 公開日: 2019/1/25
  • 更新日: 2020/3/26

 

モンゴルで唯一のがん専門病院を訪れた佐川香奈さん。今回は、日本の常識とはかけ離れたモンゴルの医療をレポートします。


モンゴルのナースステーションの写真

ナースステーションは看護師が不在でガランとした印象

がん専門病院にて

みなさん、お久しぶりです。こちらの気候に慣れずに体調を壊し、職場に行っても言葉が分からない毎日に心も体も少し疲れてしまったので、レポートは少しお休みさせてもらいました。

楽しみにしていた方、申し訳ありません。これからもレポートを続けていきますので、よろしくお願いします!

さて、今回はモンゴルの首都ウランバートルで訪れた場所について紹介しようと思います。まずは「国立がんセンター」。ここはモンゴルで唯一のがん専門病院で、モンゴル全土から患者さんが来るそうです。

私はモンゴルの病院を見るのはここが初めて。日本の病院と違うところがたくさんあって非常に驚きました。全部は難しいので、一部を紹介します。

この病院では、がんに対して外科治療・放射線治療・化学療法を行っていて、消化器、婦人科系、呼吸器などに対応しているそうです。また、外科的治療が中心で、造血器系の疾患に関しての診断は難しく治療も行っていません。

病棟は外科、集中治療室、放射線科病棟、化学療法病棟、緩和ケア病棟、小児科などがあります。

日本と異なるケア

話を聞いて驚いたのは、放射線療法を行うときに、皮膚がただれても放射線をあてるそうです。日本では考えられないことですが、こちらの国では命にはかえられないと、副作用が出ても治療を続けるそうです。

院内を見学してみると、病棟の中は掃除されていて、非常に綺麗な印象を受けました。相部屋ではベッドとベッドの間にカーテンはなく、ガラーンとした部屋にベッドと消灯台があるだけ。ナースコールはありません。ちなみにナースステーションもガラーンとしていて、看護師もいません。

そして、もう一つ驚いたのが、病室の片隅に置いてあった瓶の使い道。なんのために使うと思いますか? 実は、点滴が終わって抜針した後、止血のために使った酒精綿を捨てる瓶なんです。止血の確認は患者自身が行うようです。

点滴終了後、止血のために使った酒精綿を捨てるための瓶

点滴終了後、止血のために使った酒精綿を捨てるための瓶

自分の身は自分で守る

次に訪れたのは、モンゴルで病院を管轄している保健省です。保健省の方と少し話しました。私の場合、看護師に対する指導が多くなるだろうということでした。

また、モンゴルの看護師は日本の看護師の職務範囲よりも広く、最近、看護師の薬剤投与による死亡事故があったそうです。この話を聞いて、危険なことやできないことは、こちらからお断りすることを伝えました。自分の身は自分で守らないといけないと痛感しました。

次回の活動レポートに続きます。

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

海外事情・海外で働くの新着

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。 今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香...

2019/6/7

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。 ...

2019/3/8

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

最終回 モンゴルの旧正月

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。 ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。 旧正月の過ごし方 病院内でモン...

2019/2/15