1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護管理
  4. キャリアアップ
  5. 海外事情・海外で働く
  6. 第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

【連載】国際派ナースへのレシピ

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

  • 公開日: 2019/3/8
  • 更新日: 2020/10/21

 

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。


宗教

宗教というといいイメージがないかもしれませんが、実は世界の多くの人たちは宗教を持っています。信仰のレベルも軽い人から、とても強い人とさまざまです。

看護ケアで気をつけるところは、食事や医療行為への制限です。間違った食事を出された場合、私たちが想像する以上に患者さんは怒ってしまうと考えてよいでしょう。

輸血を拒否する宗教の存在もご存知でしょう。宗教は私たちが考える以上に真剣で、その患者さんの生活・人生と強く結びついています。入院アセスメントのとき、また看護計画立案のときには必ずこれらを考慮することが求められます。

・ユダヤ人はKosher(コーシャー)といわれる食事
・豚肉は食べないイスラム教
・右手のみしか食事に使わない
・家族が作ったものしか食べない
・ベジタリアン、セミベジタリアン(少量の肉は食べてよい)
・中国人は手術の後に冷たいデザートを食べる

人種による健康問題の違い

さまざまな人種がもつ遺伝子からその人種に多いといわれる疾患が存在します。その人種の多くがそうなるとは限りませんが、人種別に多い健康問題というのも頭に入れておくことが大切です。

人種により高確率で起こりやすい健康問題の例
・日本人 胃がん、骨そしょう症
・黒人 高血圧、鎌状赤血球症
・白人 皮膚がん、前立腺がん
・アメリカンインディアン、ヒスパニック 糖尿病

痛み

痛みに対する反応は人種や育った背景によっても異なります。日本人を含むアジア人は痛 みを我慢する傾向があり、また社会もそのように我慢をするのが一般的ととらえるために痛みの表現が少ない傾向にあります。

逆に、痛みには必ず対処するというアメリカ式の医療に慣れている患者さんの場合、日本人であれば我慢する程度の痛みであっても痛み止めを要求し、また痛みが完全になくならないのがおかしいと思う人もときどきいます。これは、アメリカの痛みのコントロールが行き過ぎてしまった結果でしょう。

痛みのレベルを正確にキャッチし、コントロールしていくのがナースの仕事の一部ですが、バイタルサインに影響がでるほど我慢をしない、またある程度痛みはコントロールできても完全に痛みを取り除くことは出来ない場合もある、などの患者教育もそれぞれの人種で行う必要もあるでしょう。

痛みは、主観的 Sデータであり、私たちが客観的に捉えるのは難しい場合もありますが、先に挙げたバイタルサインに影響が現われたり、痛みをよく訴えているがスナックを食べ自由に行動している場合など、客観的なデータももとにして痛みのアセスメントをしていくと良いでしょう。

次ページでは、グローバルな看護について考えます。

海外事情・海外で働くの新着

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。 今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香...

2019/6/7

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

最終回 モンゴルの旧正月

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。 ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。 旧正月の過ごし方 病院内でモン...

2019/2/15

第4回 モンゴル語を習得してコミュニケーションを円滑に!

モンゴル語を学ぶために、現地の語学学校に通い始めた佐川香奈さん。今回は、モンゴル語の習得に奮闘する様子をレポートします。 歩いて5分から10分で草原が見える景色。2月はこんな感じでした。 モンゴル語に悪戦苦闘 モンゴルで仕事をしていくため...

2019/2/8