ナースマンガ

忘れられない患者さん

はじめて声が聴けた日のこと|【マンガ】忘れられない患者さん

2019/9/8

重症の肺炎で、呼吸器を最大設定で使用していた大田さん。新人の私には呼吸器が外せる日が来るとは思えなかったのですが、先輩たちは抜管できると見込んでいて、本当に抜管できることに。「大田さんの声、早く聞きたいですよ」そう声をかけると、大田さんはとても嬉しそうににっこりされました…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。

このエピソードは、「ちょこ さん」からご応募いただいたものです。

作画紹介

竹内 洋
(illust_takeuchi_yo)

イラストレーターをやっています。 今回お仕事をいただきとても光栄です!たくさんの素敵なお話を届けていきますので、よろしくお願いいたします。
ココナラ(badee2249)でも活動中です。

他のマンガも読む

忘れられない患者さんの新着

ナースマンガの新着

関連するキーワード

検索