まなび

わかりやすい看護用語まとめ

小学校で習った「pH」。酸性は高い?低い?pHについてもう一度復習しよう!

2019/4/9

pH 読み方:ぺーはー、またはぴーえいち

 

pHとは

溶液中の水素イオン濃度 〔H+〕の量を表している単位。血液のpHを測る臨床検査には血液ガス分析がある。

値の読み方

pHの値は通常1~14。
pH7を中性とし、これより低い方を酸性、高い方を塩基性(またはアルカリ性)という。

異常値と正常値

正常値:動脈血でpH7.35~7.45くらいで中性に近い値(基準範囲はとても狭い)

  1. この範囲よりもpHが低くなる(酸性に近づく)病態→アシドーシス
  2. この範囲よりもpHが高くなる(塩基性に近づく)病態→アルカローシス

血液中でpHに大きな影響を及ぼすのは、肺の機能を反映する二酸化炭素(CO2)と、腎臓の機能を反映する重炭酸イオン(HCO3⁻)。

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは表示されませんのでご注意ください(スパム対策)

わかりやすい看護用語まとめの新着

まなびの新着

関連するキーワード

検索