エッセイ

ナースのちょっとイイ話

8日間の夏休みを利用したボランティア活動で得られたのは「人生観」「価値観」そして「世界観」

2018/8/4

テーマ:看護師の夏。看護学生の夏。

スリランカ支援

suriranka

夏休みを利用して、ボランティア活動へ

15年前の夏休み。スリランカ支援団体に属していた私は、職場の夏休み規定8日間を最大限利用して、ボランティア活動に勤しみました。
その活動で得られたものは、数多くあります。

人生観・価値観・世界観が変わった

国民全体の教育のあり方の重要性、一看護師の出来ること、思ってもやってはいけないこと、そしてできることは何か。
多岐に渡り、考えさせられるものがありました。
その体験は、その後の私の人生観を転換させたのは勿論のこと、加えて価値観や世界観までも影響を与え、私にとって、重大な出来事となりました。
決して過去の思い出ににしてはいけない、自分の中で常に確固となる信念として持ち続けようと強く思いました。

●執筆●匿名 さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索