エッセイ

ナースのちょっとイイ話

「字を読みたい」患者さんの願いをかなえられた時、私は…

2017/10/18

テーマ:患者家族との印象に残るエピソード

大きな字で

ookina

「久しぶりに字が読める!」

糖尿病の患者様で殆ど視力を失ってしまった方でした。
でも文字を読むことが好きだったとのことで、少しでも元気を出してほしいと思い、大きな画用紙に絵と文字を書き、大きな本を作りました。
渡したときに「久しぶりに字が読める!」と大変喜んでいただき、何度も何度も読み返してくれていました。

ご遺族からの手紙に…

容体が安定したので、その方は退院されましたが、退院し1年程経った頃にその方の家族から一通の手紙が届きました。
それはその方が亡くなったことを知らせてきた手紙でした。
でもその中に、「退院してからも毎日何度も何度もその本を読んでいて、ずっと離さずそばに持っていました。とても嬉しかったんだと思います。本当にありがとうございました」と書かれていました。
私は静かに涙を拭きながら、ご冥福を祈りつつ、その手紙を何度も読みかえしていました。

●執筆●若かりしあの頃 さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索