1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. コラム
  4. 仕事着くさいスクラブはナースにとってマイナスイメージ?

仕事着くさいスクラブはナースにとってマイナスイメージ?

  • 公開日: 2015/4/23
  • 更新日: 2018/12/13

 

スクラブに関するナースの意識

cla04_01

病棟やオペ室などハードな現場のナースが着用することが多いのがスクラブです。仕事着に関するイメージは職種によってもマチマチですが、一見するとデザイン面での変化が乏しく、画一的に見えてしまうのがスクラブですね。だから「どこも同じ」、「オシャレじゃない」というイメージで捉えられがちなのですが、患者さんにしてみればナース服やスクラブはいわば「看護師」という医療のプロフェッショナルにのみ着用が許されている安心の証ともいえるもの。だからナースの仕事着は患者さんやご家族にとって安心をお届けするとても大切なアイテムなんです。

高い機能性は優れた素材とデザインがあればこそ

では、一見デザイン面での差別化が難しそうなスクラブですが、同じデザイン画から違う素材で作ってみたら実務ではどのような悪影響が出るか考えていきましょう。
病棟でのベットメイキングや用度の手配、患者さんの介護など仕事中はとにかく動き回らなければならないのがナースです。
だから仕事着のスクラブが粗悪な素材で作られていたら、患者さんをベッドからストレッチャーや車いすに移動させたり寝返りを打たせたりする時に裾がめくれ上がっておへそが見えたり、汗が染みて異臭を発したりして自分だけでなく、周囲にも快適な治療環境を供することが出来なくなってしまう可能性がありますね。
逆に高機能素材を使っていたとしても、ディテールのデザインがお粗末だと動きづらくて仕事にならない事態に陥るということになります。
仕事着に求められるのは高い機能性と耐久性であり、快適な仕事着には優れたデザインと高機能素材が必要なのです。

結論、ナースも患者さんも納得出来るスクラブを選ぶなら…

スクラブのデザイン性の違いは実際に着用してみれば分かります。見に纏った瞬間、着心地の良さを実感出来る事でしょう。また防臭加工とストレッチ性はナースにとっては不可欠な要素です。更に、男女では体格に違いがあるので、男性用、女性用がラインナップされているというのも大事な要素ですね。
ナースにとって着心地の良いスクラブは看護業務の質の向上につながり、患者さんにとっても大きなメリットとなります。そんな高い次元でのニーズを実感できるナース服があるとしたら、それは「デオスクラブ」です。

cla04_02

<デオスクラブの概要>

  1. 消臭率94%以上、工業洗濯後も消臭効果が持続
  2. 滑らかな手触りの素材とオシャレな裏地使い
  3. 男女別のデザイン
  4. 豊富なカラーとサイズバリエーション
デオスクラブに関する詳細は公式サイト( http://www.clasic.jp/deoscrubs_nurse/)まで!

この記事を読んでいる人におすすめ

コラムの新着

看護師に向いている投資は3つ!中でも不動産投資がおすすめの理由とは

「将来は日勤のみのゆとりある働き方をしたいけど、夜勤なしだと収入が減ってしまう。今からお金を貯めるためには、貯金に加えて投資もしたほうがいいの?」 ハードワークの日々に疲れ、将来のために資産形成を考える看護師さんは少なくありません。 しかしいざ投資を始めようとして...

2021/11/5

【看護師の貯金事情】100万円、1000万円貯めるためには?1~3年目はいくら貯まる?

20代から比較的収入が高い看護師は、貯金も多いと思われがちです。 しかし実際には人の健康や命に関わるハードな仕事であるため、多くの看護師がストレスを抱えています。 「夜勤明けはテンションが高く、ネットショッピングでつい散在してしまう」 「休日も勉強会で忙しいため、貯...

2021/10/5

結婚や出産、実際いくらかかる?看護師のライフイベント別平均費用

看護師は新卒から一定の収入があるため、20代の独身時には生活に余裕のある人が多いと思います。 ただ、今後結婚や出産をする際にはそれなりの支出がかかります。 余裕があるうちに貯蓄をしておかなければ、各ライフイベントを楽しみにくいのではないでしょうか。   ...

2021/9/6

看護師も老後2,000万円必要?独身の場合は?本当に老後必要な金額を考えよう

少し前に話題になった、老後2,000万円問題。 「本当に2,000万円も必要なの?」 「看護師で独身の場合は?」 と思った人もいるのではないでしょうか?   結論から言うと、看護師や独身の場合は2,000万円必要とは限りません。 ...

2021/8/5

こんな看護師は採用したくない!そう思われる人の特徴と対策

看護師といえば、引く手あまたでいつでも転職できる職業だというイメージがあるかもしれません。実際に、看護師不足に悩んでいる施設は多く、中途採用試験もあちこちで行われています。ですが、施設側が求めているのは“入職後に長く活躍してくれる看護師”であり、そうでない場合にはいくら人手不足で...

2020/8/18