1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. アンケート
  4. 採血、注射と出番の多い駆血帯。現場ナースの支持を集めたのはこのタイプ!

採血、注射と出番の多い駆血帯。現場ナースの支持を集めたのはこのタイプ!

  • 公開日: 2014/12/20
  • 更新日: 2018/12/13

 

注射や採血に使う駆血帯、いまどきナースはどのタイプを使っているの?

注射や採血と、出番の多い駆血帯。ゴムタイプやベルトタイプなどありますが、看護師が多くつかっているのはどのタイプなのでしょう?またその理由は?

今も昔も、駆血帯はゴムタイプが主流!

2012年

集計期間:2012/8/17~2012/9/17
有効票:1,524

ishiki05_12

2014年

集計期間:2014/12/8~2014/12/14
有効票:1,117

ishiki05_14

ではそれぞれのコメントを、ご紹介!

駆血帯は、留め金具付きのゴムタイプを使っています

駆血帯ゴムベルトは金具があると断然使いやすい!

やはり昔から使っているからゴムのが使いやすいですね~。
ベルトも使ってみたことありますが…慣れませんでした!!

以前は留め金無しを使用していたが留め金付をつかって見たら使いやすかった。それ以降ずっと使用している。

やはり駆血しやすいし、片手でそれを外しやすいからです

私的には一番、使いやすい。
使いやすい=待たせない=処置に時間かからない=安楽に繋がる。って思い、この駆血帯使ってます。
皮膚脆弱化されてる方には、服の上から止めれば問題なし。

使い慣れてて、使いやすいです。ラテックスフリータイプの物を使ってます。

ゴムベルトは血管が浮きやすい!

ゴムに跳ね返りがなく、ベルトタイプは血管が弩長しずらい感じがする

いまだに、ラテックスフリーのゴムタイプ。ベルト式にチャレンジしたけど、血管が浮きにくかった。

駆血帯の選択にも、気遣いとこだわりが見えます

痛く無いように服の上から巻きますが、患者さんの皮膚の乾燥がきついと、粉状のものがつきます。ゴムなら簡単にアルコール綿で取れるのでいいかなと思います。

昔はベルトタイプ使用してましたが、布地だと汚くてもわからないなーと思いまして、ゴムに戻しました。

ベルトタイプ使用の方いわく「締めが甘くて急変時には役にたたない」と。さらに強く締める調節はできて一見便利そうですが、ゆるめる時はベルトを外してやりなおし。留め具付のゴムがシンプルで、一番実用的だと思います。

実は金具付きゴムベルトしか使えない…というナースも

金具なしは無理(笑)

もうこれしか使えない(;一_一)

→金具なしのゴムベルト派

この記事を読んでいる人におすすめ

職場の新着

ありえない!!実際に受けた理不尽な「クレーム」

ナースとして働く中で受ける様々な「クレーム」。その中でも「いやいや、それはないよ!」というクレームを受けることはありませんか? そこで、みなさんが実際に受けた「ありえないクレーム」をご紹介していきます!それでは、どうぞ! むしろ夜間にいろいろやられ...

2019/8/15

院外研修は必要?!おすすめの研修はコレだ!

院外研修は行くべき・・・? みなさんは、院外研修にどのくらい参加していますか?基本的に強制ではありませんが、職場によっては参加が義務付けられているところもあるようです。スキルアップのために、費用を自己負担してまで行くべきなの・・・?聞いてみました。 ...

2019/6/28

介護施設で働くおすすめポイントとは?

介護施設で働く看護師…業務内容とは? 病院以外の職場として近年増加傾向にある介護系施設ですが、「介護施設」について、みなさんはどれくらい知っていますか? そこで、今回は介護系施設のイメージと現実との違いや、介護施設で働くメリットを実際に介護施設で働く看護師さんに聞いてみました...

2019/6/19

看護師の急な欠勤、出勤後の正しい対応とは?

欠勤後の出勤、あなたはどうしてる? 体調不良などで、どうしても急に休まなければいけない時は誰でもありますよね。 欠勤してしまったとき、「どのように誤ればいいの?」「お詫びのお菓子は持っていくべき?」と迷ったことがある方もいるのではないでしょうか? 欠勤後に何を気を付けれ...

2019/6/7

女性はわかってくれない!?男性看護師の悩み

男性看護師は肩身が狭い!? まだ女性が圧倒的に多い職場において、男性看護師。 性別が違うと悩みや苦労がわかりづらいなんてこともありますよね。 そこで今回は男性看護師の悩みや苦労を調査! これを読んで誰もが働きやすい職場づくりを目指しましょう! &nb...

2019/6/4

アンケートの新着

外来の勤務は実際のところ楽?大変?外来ナースに必要なこととは…

育休明けや少し病棟に疲れちゃったというときに転職や移動されがちな外来。 日勤だけだし、ルーティン業務が多そうで病棟よりも楽なイメージを持たれることも多い部署だけど、実際はどうなの? 軽はずみに外来を希望して、こんなはずじゃなかったなんてことにならないように…実際の外来ナースの...

2020/10/5

あなたは損してない?福利厚生の有効活用してますか?

職場の福利厚生にどんなものがあるか知っていますか?もしかしたら、あなたにピッタリの福利厚生があるのを知らずに損しているかも! もっとナースがお得にナースライフを送るために、皆の福利厚生事情を探っていこう!   職場の福利厚生 ナース専科調べ(20...

2020/9/28

看護助手さんへのケア依頼は看護師としてどうすべき?

忙しい看護師にとって、看護助手さんの存在はキーパーソンとも言える!検査出しや搬送のお手伝いをしてもらったり、ケア全般を全て看護助手さんにお願いしている病院もあるはず。ただ、看護助手さんと業務分担がうまくいっていないという病棟もちらほら。 看護助手さんにケアをお任せする?しない?...

2020/9/21

時短勤務なら業務はフリー?受け持ち?

多くの職場で産休・育休明けなどで、時短勤務を選択する看護師がどんどん増えてきていますよね! 実際に時短勤務をしてみると、時間は短いけど意外と働きにくいとか申し訳ないなどいろいろな問題が生じてくることが少なくないはず…。 現代の女社会を時短勤務で働くってどんなことなんだろう? ...

2020/9/14

退職する時、誰に相談するのがベスト?

多くの看護師がライフスタイルの変化やキャリアアップなどで転職の経験を持っているはず。転職するときは当然今の職場を退職しなければならない。そんなとき、あなたは誰に1番初めに相談した?相談相手を見誤ると、あらぬ噂が病棟内に広まってしまったなんてことも… 退職について誰にいつ相談すべ...

2020/9/7