エッセイ

ナースのちょっとイイ話

日本がどんなに平和かを教えてくれた、外国から来た同僚

2014/11/24

テーマ:新人看護師は外国人?!!

ベトナム難民だったKさん

EB093_L

言葉の壁を乗り越えて

スゴく優しくて強い人でしたが、言葉がカタコトだったので資格試験の問題を解く以前に問題の内容を理解するために勉強に付き合いました。
准看護師の免許をとってからも 患者さんの話を素直に聞いてしまい、言葉の裏が読み取れなかったのは国民性だったのだと思います。
よくアパートに招いてくれて 本場のベトナム家庭料理を振る舞ってくれました。
ホントに美味しくて 今でもあれ以上のベトナム料理にあえません。

Kさんが教えてくれたこと

また 難民だった経緯があり銀行での貯金は信用せず ほとんどは貴金属に替えて有事の時には身につけて逃げられるようにしておく と聞いた時には 自分達はなんて平和な国に生まれたんだろう と実感してしまいました。
もう20年近く前の話です。
彼女は 日本に来ましたがベトナム人の誇りは失っていませんでした。
風の便りに ベトナムに帰国して看護師をしているということです。

●執筆●恵菜 さん
このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索