アンケート

看護学生

vol,3  成人(急性期)・一般外科 [たこさん] 

2014/4/1

不安な看護実習…先輩たちの体験談をお届けします!

基本データ

実習の領域:成人(急性期) 
実習先診療科: 一般外科
実習先病院規模: 公立病院
受持患者の主疾患:胃がん 
実習に行った学年: 5年生
実習に行った年: 2013年

【勤務経験】
勤務年数:1年 
経験診療科: 整形外科・形成外科 

実習に向かう前

不安だったこと・事前学習でしていたこと

外科は展開は早く、一日一日状態も変化しやすいので、患者さんの必要な情報を得て、看護過程の展開ができるのか不安でした。

事前学習では、その病棟に多い疾患について、特に大腸ガンや胃がんについて勉強しました。また、必ず手術があるので、麻酔の影響にはどんなものがあるのかや、ドレナージの管理についても勉強しました。


特に意識した解剖生理・検査値・病理・疾患のポイント

消化器系の疾患が多かったので、消化器系の解剖は復習しました。
また、腫瘍マーカーの検査データの確認や術後感染、後出血、縫合不全にも注意がひつようなため、タンパクや、アルブミン、ヘモグロビン、WBC.CRPの正常値は確実に頭に入れました。


■次は、実際に実習に行ってからのレポートになります→

1 2 3

看護学生の新着

アンケートの新着

検索