芸人・渡辺直美さんに学ぶ『自分磨き留学』の3つのポイント

2014/6/20

執筆株式会社ワールドアベニュー
グローバルに活躍する人材の育成を目的に、海外での留学プログラム・サポートを提供。
主に海外看護師資格取得・海外看護インターンシップ・プログラムを提供。
http://www.world-avenue.co.jp/

今の自分に満足せずに努力し続ける

俳優の松田翔太さんや女優の長澤まさみさん、相武紗季さんなど、最近、海外留学をする芸能人が増えてきています。お笑い芸人の渡辺直美さんもその1人です。

渡辺直美さんは、現在エンターテイメントの本場、アメリカ・ニューヨークで、芸を磨くために留学しています。ニューヨークといえば、ドラマ『SEX AND THE CITY』や映画『プラダを着た悪魔』などの舞台であり、世界的に有名なパフォーマーLADY GAGAの出身地でもあります。

マンハッタン・ブロードウェイには、大・小の規模を問わず、多くの劇場が存在します。LADY GAGAもニューヨークでパフォーマンスを磨いたと言われています。

渡辺直美さんは先日、そんなニューヨークでビヨンセのバックダンサーを務めたAISHAのダンスレッスンに参加し、初のヒールダンスを経験したそうです。いつも裸足で踊っている彼女ですが、このレッスンを通して、たった2日間でヒールダンスを習得したという喜びの記事をブログにUPしていました。

彼女の留学体験記をブログやFacebookでチェックしていると、「すごいなぁ」と、見入ってしまうほど魅力的で、遠く離れた海外の地で奮闘しているのかと思うと感化されてしまいました。

日本語の通じない世界で生活することだけでも大変なのに、次から次へと新しいことに挑戦して英語力を伸ばしているのではないかと思います。

彼女は、留学を決断をする上で、抱えるレギュラー番組4本を降板する覚悟があったそうです。

人気絶頂の最中、このような決断をすることは容易ではないはずです。ですが、はたから見れば“人気絶頂”かもしれませんが、「本当に今のままでいいのだろうか」という思いがよぎり、彼女の中では、まだ満足のできる自分ではなかったのかもしれません。

渡辺直美さんのように、今の自分に満足せずに努力し続ける人はとても魅力的です。彼女を見ていると、「こんなふうに頑張ってみたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

自分磨き留学の3つのポイント

では、彼女のように、魅力的になるためには、どのような留学をしたらよいのでしょうか? ポイントは次の3つ。

  1. チャンスは登り坂の時にあり
  2. 「自分にはできない」と思わない
  3. 英語はあくまでもツールであると理解する

次ページでは、渡辺直美さんに習い、『自分磨き留学』のポイントに着目してみましょう!

1 2 3 4

関連するキーワード

検索