1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第33回 年越しを家で迎えたい・・・

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第33回 年越しを家で迎えたい・・・

  • 公開日: 2017/11/24
  • 更新日: 2020/3/26

 

今回紹介する利用者さまは、連日の訪問が必要なY様。Y様の「家に帰りたい」という希望に応えるなかでみえてきた、看護師の使命とは?

365日営業の強みを活かして

ある日、地域の中核病院からケアプロへ電話を頂いた。「退院を検討している患者様がいらっしゃるのですが、自宅に帰るには、看護師に連日訪問してもらわないと難しい状態です。ケアプロは休日にも訪問してくれると聞きましたが本当でしょうか」

本当である。ケアプロは365日営業を強みにしていることを、再度お伝えし、退院調整にお伺いした。

本人の希望を最優先

Y様は、80代の女性で、ASO(閉塞性動脈硬化症)にて、下肢の血流障害から壊疽を起こしており、既に足先は炭化している状態であった。連日、多種の消毒を行い包帯交換が必要なのである。本来であれば、感染を起こすリスクが非常に高く、治療として肢切断をしなければならない状況にあり、主治医から再三のインフォームドコンセントが行なわれていた。

しかし、彼女は、「肢を切るくらいなら、あたしゃ舌を噛んで死んでやる」と物騒なことを言って聞かないのである。既に入院期間は1年を経過。本人の強い希望もあり、病院と同様に処置をすることを条件に自宅へ戻ることになった。病院にて必要物品・手技の確認を細かく打ち合わせ、すぐに退院された。暑い夏のことであった。

「先生からは、1か月くらいで病院に戻ることになるかも、と言われたのよ。でも、年越しを家でするのが目標だわ。もう病院には戻りたくないのよ」

看護師がいれば家に帰れる

もちろん、自宅にいることが最善であると言い切るべきではないが、本人が強くそう望むのであれば、それを支えるため、看護師もやる気が漲るというものである。目標は年越し。それをみんなの合言葉に、連日包交を行い、月日は過ぎていった。

今でもY様はご自宅で暮らされている。年越どころか、1年周ってまた暑い日を迎えつつある。今も連日包交のためにお伺いしており、今の目標はお盆を越すことだ。「世の中はあなたたちみたいなのを必要としてるわよ。命の恩人だよ。あたしゃ感謝してるよ」

家に帰るためには看護師が必要である。言い換えれば、看護師がいれば、家に帰れる。シンプルだが、とても大切なことであり、我々の使命だとケアプロは捉えている。

Y様を訪問中の新卒看護師・小瀬さんの写真

Y様を訪問中の新卒看護師・小瀬

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29