1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第32回 胃瘻でも口から食べる!を支える看護の底力

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第32回 胃瘻でも口から食べる!を支える看護の底力

  • 公開日: 2017/11/3
  • 更新日: 2020/3/26

 

訪問看護では、利用者さまの隠れたニーズに気付き、適切なタイミングで介入を行うことが重要だ。今回は、胃瘻を造設したS様の「口から食事をしたい」というニーズに応えたケースを通して、これからの在宅医療の在り方を探る。


隠れたニーズに気付く

S様は、60代女性で神経難病の方で、旦那様とお二人で暮らされている。S様とケアプロとの出会いは、在宅診療を中心にしているクリニックから、「胃瘻造設で一時的に入院された方が、帰宅に伴い訪問看護に入ってほしい」とのご依頼を頂いたのがきっかけ。早速、退院調整を行うために入院先の病院へ伺い、退院することができた。

退院後は、胃瘻の処置や、リハビリテーション、嚥下機能訓練を行っていった。退院後、生活のリズムが落ち着き暫くした頃、S様の隠れていたニーズが徐々に出てきた。

「口からご飯が食べられると嬉しいのよね」

胃瘻をしていても、機能訓練を適切に行えば、食事を口から摂取できるようになるのではないか。可能性があれば、トライをしていきたい。それは、ご本人も看護師も同じ思いであった。しかし、誤嚥のリスクを最小限に抑えながら、嚥下機能の向上を図っていくためには、適切な機能評価をする必要があった。

適切な評価とケアがカギ

そこで、往診医へS様の希望、嚥下に関する可能性、評価方法について相談をしたところ、嚥下のスペシャリスト、戸原 玄先生(日大歯学部摂食機能療法講座准教授)をご紹介頂いた。早速連絡を取り、VE(内視鏡検査)による嚥下機能評価を在宅で実施して頂いた。

適切に嚥下機能を評価し、それに合わせたリハビリの実施、摂食する食事形態や種類について、評価を重ねながら検討していき、今ではなんと常食を召し上がることができている。これには、クリニックの医師や嚥下評価をした医師、訪問看護師みんなが驚いている。

在宅医療のあるべき姿とは

もちろん、全ての人がこれほど機能向上が望めるわけではなく、S様の残存能力をうまく引き出すことができた結果である。とはいえ、機能向上を実現できたことはとても印象的だった。S様は今でも、好きな煮物やオムライスなどを召し上がりながら、胃瘻栄養も併せて行い、家での生活を続けられている。

看護師含め、在宅療養を取り巻くチームが適切なタイミングで介入を行うことで、良い結果を生み出せたことは、これからの在宅医療のあるべき姿の一つをイメージすることに繋がったのかもしれない。

S様のお宅へ訪問中の看護師の写真

S様のお宅へ訪問中の看護師

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

訪問看護の新着

第7回 訪問看護準備室を発足

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記です。今回からは、第2章に突入「いよいよ開業!!」5回連載の予定です。 訪問看護準備...

2018/9/28

第6回 訪問看護業界に新しい風を

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」。今回が1章最終回です。 訪問看護業界に新しい風を...

2018/9/14

第5回 その人らしい療養生活を送るには

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 在宅医療や終末期医療はどうあるべきか ...

2018/8/31

第4回 ゼロから訪問看護を立ち上げる

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 ゼロから訪問看護を立ち上げる 私たち...

2018/8/29

第3回 増えないならケアプロがつくろう!

500円で健康診査が受けられる「ワンコイン健診」で注目を浴びるケアプロ。同社が、3.11の被災地支援の経験から必要性を痛感して立ち上げた、訪問看護ステーションの奮闘記を連載します。第1章は「訪問看護起業前夜」です。 必要なのは若手の看護師 私たちは、平...

2018/8/29