1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 最終回 モンゴルの旧正月

【連載】モンゴル活動記

最終回 モンゴルの旧正月

  • 公開日: 2019/2/15
  • 更新日: 2020/3/26

 

モンゴルで新年を迎えた佐川香奈さん。今回は、モンゴルの旧正月の様子をレポートします。


モンゴルの旧正月イメージ写真

ツァガーンサルの食卓。奥に積み上げられているものがヘヴィンヴォーオ。 手前の赤い器に入っているのは羊のお肉をゆでたもの。

旧正月の過ごし方

病院内でモンゴルの看護師が行う看護を見学する毎日を送っていた2月。モンゴルではツァガーンサル(旧正月)という大切な行事があります。今年は政府が休日を変更して、平日5日間が休みになりました。

ツァガーンサルは3日間あり、1日目は家族や親戚と過ごして、2、3日目は友人や職場の人などの家へ行って挨拶をします。
<!–readmore–>

珍しい行事が盛りだくさん

日本のお正月はおせちとお餅、日本酒が定番なように、モンゴルでもツァガーンサルのときはボーズ(モンゴルの蒸し餃子)を食べ、アリヒ(モンゴルウォッカ)を飲みます。

お客さんをお腹いっぱいにすることが最高のおもてなしとされるモンゴルでは、たくさんボーズが出てきます。お祝いなのでアリヒを勧められ、馬乳酒というお酒も出てきます。お酒が苦手な私には本当に辛いです。

また、硬いドーナツのようなヘヴィンヴォーオというお菓子を積み上げて、そこに砂糖やチョコレート菓子などを乗せたお供え物もあります。積み上げ段数は奇数が縁起がよいと言われ、家族の大きさや、地位が上がるほど高く積み上げられます。

衣装も帽子、ブーツがセットになったデールという民族衣装を着ます。デールにはいろいろな柄、素材があって、とってもステキです。それぞれ市場から布を買って、縫い物屋さんに持っていって作るそうです。

ほかに、家に子どもがお菓子を貰いに来る珍しい行事もあります。友人から聞いていたのですが、最初は突然ドアをノックされて驚きました。(ちなみに、モンゴルの家にインターホンはありません。家を訪問するときは直接ドアをノックします。ドアスコープから子どもは見えないので、怪しい人ではないかと恐る恐る開けました。)

旧正月も体力勝負

私もツァガーンサルに呼ばれましたが、前日に39度の発熱……。それでも、1年のうちで最も大きく、私にとっても初めてのモンゴルの行事だったので、解熱剤を飲んで職場の上司や知人の家を訪問しました。

訪問は1日に2、3件。休日が休みでない感じで、やっと解熱して行っても、お酒を強要され、歌を歌うようにと言われ、やっぱりしんどかったです。

「モンゴル活動記」は今回で終了です。

この記事を読んでいる人におすすめ

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13

海外事情・海外で働くの新着

第1回 子どもの頃から望んでいた国際協力ボランティアに!

開発途上国に派遣され、現地の人々と生活や活動をともにしつつ、保健指導や衛生活動などを行う国際協力ボランティア。看護師の資格を生かしたこんな活動を夢見たことがある人もいるのではないでしょうか。 今回から、志願して国際協力ボランティアになり、モンゴルで活動している佐川香...

2019/6/7

第3回 国際派ナースは地道で努力家

「ハードな仕事に見合った給与が欲しい!」とは思うものの、なかなか大きな声で言えないのは世界中のナース共通の悩み。世界のナースは、この悩みとどのように向き合い、いかにして乗り越えているのかをご紹介します。 「ナースは勉強家」は世界共通 面白いことに、ナー...

2019/3/15

第2回 国が変われば常識も変わる、国際派ナースの看護ケア

アメリカにはさまざまな人種・民族が存在していますが、それぞれの人種により、生活習慣、健康問題がやや異なるためにアセスメントをするときもその特徴を頭に入れておかなければなりません。外国人に看護ケアを提供する機会が増えてくるときに知っておくと良いことを少し挙げてみます。 ...

2019/3/8

第1回 海外で働くための言語習得

単一民族が主流であった日本も近年は多くの外国人も増えてきました。医療ツーリズムといって、自国では受けられない、または安価で質のよい医療を求めて国を超えて治療を受けに来る産業も増えてきました。そしてまた日本はアジアより外国人ナースを受け入れるようになりました。このような中で...

2019/3/1

第4回 モンゴル語を習得してコミュニケーションを円滑に!

モンゴル語を学ぶために、現地の語学学校に通い始めた佐川香奈さん。今回は、モンゴル語の習得に奮闘する様子をレポートします。 歩いて5分から10分で草原が見える景色。2月はこんな感じでした。 モンゴル語に悪戦苦闘 モンゴルで仕事をしていくため...

2019/2/8