ナースマンガ

忘れられない患者さん

目に枝が…!陸上自衛隊で救急救命士をしていたときの話|【マンガ】忘れられない患者さん

2019/12/3

「衛生!すぐに来い!」真夏の40Km歩行訓練中、夜中の3時に35Km地点に到着したとき、隊の前方から呼ばれました。駆け付けると、右目に枝が刺さった隊員がしゃがみ込んでいました…今回は、陸上自衛隊で准看護師免許を取得し、救急救命士になった方からのエピソードをお届けします。

このエピソードは、「Nao さん」からご応募いただいたものです。

作画紹介

ぶちねこなみ (@buchinekonami)

イラストやWEBのお仕事をしながら、体外受精で授かった娘との日々をインスタで漫画にしています。ほっと一息つけるような絵柄を目指しています。

ぶちねこなみさんの新着

忘れられない患者さんの新着

ナースマンガの新着

関連するキーワード

検索